2011年04月07日

『英国王のスピーチ』見た!!

今日は午前中に大仕事を終え、
もうクタクタだったけど、

思いの外早く終わったので、
午後映画を見に行ってみた。

見たのは「英国王のスピーチ」

行ったことのない映画館だったし、
ちょっと行きずらい場所だったもんで悩んだけど、

いろいろ賞をとっとるし、
「My favorite country is UK」
と言っていた時期があったことを思い出して、行ってみた。

からテクテク歩いて行くと、
思いもよらないとこにあった。

(私が地図を見誤っただけ)

なんかすごいレトロな感じ。

「『英国王のスピーチ』は3Fです」と言われ3Fへ。

お金を払うと整理券を渡された。
整理券の順番で劇場内に入れる。

待合室は人がいっぱい。

なんか面倒くさそうだ・・・

でも、上映開始時刻10分前入場開始になり、
40番台でも通路側に座れた。

ちなみに、収容人数は107人だったかな・・・

中もものすごいレトロぴかぴか(新しい)

なんだか知らないけど、時間がくると、
おじさんが映写室に入って行き映画を映す、
ってしくみのようだった。

映画もレトロぴかぴか(新しい)

現エリザベス女王のお父様の話で、
しかもイギリス映画なので、

この間まで見とったハリウッド映画とはかなり違う。

なんか懐かしい・・・目

以前、エディンバラ短期留学しとった時、
日本と違って映画が安かったので、
たまに行っていた。

はっきりと内容はわからんかったけど、
学割でさらに安くなったし、
英語の勉強にもなるかと・・・

その頃のことを思い出した。

あの時は・・・たしか、
「Billy Elliot(リトル・ダンサーexclamation&question)」とか、

※イギリス北部の田舎町に住む踊り好きな少年が、
バレエダンサーになる話。

「モメント」とかを見た。

内容も英語も難しくてよくわからないけど、
記憶障害の男の話。
時間が戻ったり進んだり、さっぱりわからんかった。

「モメント」がイギリス映画だったかどうかは定かじゃないけど、
なんとなく「Billy Elliot」「モメント」と、
「英国王のスピーチ」は同じ匂いを感じた。

う〜〜ん、
ものすごい面白かったよわーい(嬉しい顔)と言うほどではないけど、
見た後の気分が良く、

その劇場でやっとった、
「アメージング・グレース」(イギリス映画)と、
「再生の朝に- ある裁判官の選択 -」(中国映画

ちょっと見に行ってみようかな・・・と思っとる。

名駅だと仕事帰りに行きやすいんだけどな・・・。・・・。・・・

posted by RACO at 23:47| 愛知 ☀| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン