2011年10月18日

『探偵はBARにいる』見た!!

<探偵はBARにいる>
画像
基本、邦画はあんまり観ないんだけど。

金城武とか、竹野内豊とか、福山雅治とか、
選りすぐった犬(いぬ)物以外は。

でも、今回はいろいろとワケがあって・・・

大泉洋『探偵はBARにいる』を、
レイトショー(20:00以降)の1,200円で観てきた目

次項有探偵はBARにいる

面白いって聞いてたし、

実は電車の回数券が月末までで、
でも今回はまだ3枚も余ってて、

あさってのレディースデーは、
栄で来週まで上演の他の映画が観たくて、
(来週は仕事だから)

明日109シネマズに、
『僕たちは世界を変えることができない』を観に行こうか、
とも思ったけど、明日は買い物とか畑とかあるし・・・

舞台が札幌だし、
『水曜どうでしょう!?』も好きだしね。

なワケで観ることになった『探偵はBARにいる』
クチコミ通りけっこう面白かった気がする。

最近ヒットがなかったので、
今回はかなり満足かわいい

観に行って良かったー(長音記号2)

まあ『アジョシ』は良かったんだけどねハートたち(複数ハート)

『探偵はBARにいる』も、何人か人が殺され、
わりと血も出て、ハッピーエンドでもないし・・・

ストーリー的にはありえない感じだけど、よくできてたし、
大泉洋松田龍平のコンビが面白かったわーい(嬉しい顔)

さすがだねぴかぴか(新しい)

さてさて、この映画にも西田敏行が出てたexclamation×2

この人、三谷映画のステキな金縛り』にも出てるし、
ちょっと前には『星なんとか・・・犬』にも出てたし。

すごい売れっ子だがねexclamation×2

韓国ドラマで出てくるおじさんて、
だいたい同じでしょー。

「このおじさん、アレにも出とった。コレにも出とった」って、
思うことないexclamation&question

例えば、『イタズラなKISS』オ・ハニのアッパと、
『宮』シン・チェギョンのアッパが同じだったり、

『冬ソナ』のヨン様の本当の父親と、
『ニューハート』の女主人公の父親と、
『魔王』の刑事の方の父親が同じだったり。

外人が観たら、西田敏行は、
そんな韓国ドラマのおじさんと同じかもしれない。

・・・なんて一人で考えてウケとったどんっ(衝撃)

あー面白かったわーい(嬉しい顔)

それにしても、吉高由里子、紛らわしっ。
posted by RACO at 23:59| 愛知 ☀| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン