2012年08月30日

『汚れた心』と『それでも、愛してる』を見た!!

<汚れた心>
画像
しばらく映画を見に行けてなかったけど、
久しぶりに『汚れた心』『それでも、愛してる』を見た映画

名演小劇場センチュリーのはしご、
だいぶ暑かったし、かなり疲れた・・・けど。

『汚れた心』は、
第二次世界大戦直後のブラジル移民たちの話。

次項有
汚れた(けがれた)心

内容はかなりショッキングだったがく〜(落胆した顔)

日本との国交が絶たれていたブラジルでは、
日本の敗戦が正確に伝わらなくて、
ブラジル移民たちは日本が戦争に勝ったと思い込んでいた。

・・・と言うか、思い込もうとしていたのかな・・・

だから、日本が戦争に負けたと言う移民仲間を、
『国賊』と非難し、命まで奪っていた。

こんなことが日本人の間で起こるなんて信じられなかった。

なんか最近の北朝鮮韓国を思い出した。
中国もだけど。

今でも『売国奴』とか言ってよってたかって、
直接命を奪うことまではしなくても、
精神的に追い詰めたり、社会的に抹殺したりする。

本当に怖いがく〜(落胆した顔)

当時ブラジル日系人社会では、
敗戦の混乱の中で多くの人が命を奪われたとか・・・

ブラジルでこんなことがあったとは、全然知らなかった・・・

なんか胃が痛くなる。

後味は悪い内容だったけど、見て良かった。

なんとなく見なイカン気がして見てみたんだけど。

今の日本が日常的に、
『非国民』とか『売国奴』とか言う言葉を使う国じゃなくて、
本当に良かった。

愛国心とソレとは別だわ。

彼ら(隣国たち)は67年前の日本のようだ・・・

次に、<それでも、愛してる>ハートたち(複数ハート)

画像
メル・ギブソンジョディ・フォスターが出とった。
(『ブレイブハート』の人)

次項有
それでも、愛してる

メル・ギブソンの演じる夫が重症のうつ病になって、
家族関係が崩壊しめちゃくちゃになるけど、
結局お互いの大切さに気づき前向きに一つにまとまる、って話。

簡単に言うとね。

重たい内容のわりには、ちょっと笑えた。

おかげさまで『汚れた心』の中で血がスプラッシュした場面を
すっかり忘れて、ほのぼのとした気持ちになった。

この順番にして良かったわ。
posted by RACO at 23:30| 愛知 ☔| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン