2013年03月20日

『クラウド アトラス』見た!!

<クラウド アトラス>
画像
19日の火曜日
109シネマズ会員感謝デーで、
『クラウド アトラス』を見たexclamation×2

次項有
クラウド アトラス

「3時間て長ぁがく〜(落胆した顔)と思って見たけど、
見終わったら、そうでもなかった。

劇場を出る時は、
「なんだかよくわからないな〜」
「結局この映画がうったえとることは何なんだろー」
と思いながら出てきたけど、

帰宅後や、翌日の朝起きていきなり、
『ストロベリーナイト』の時みたいに、
ずっと頭の中をぐるぐる回っとる。

そんな映画・・・

上手く説明できんのだけど、内容は、

6つの時代と場所の物語が交差する形でえがかれとって、
その主人公は同一。

時代が変わっても、場所が変わっても、
愛する人と必ずめぐり合う―
という、

壮大な物語らしい。

なんかよくわからんのだけど、
知らん間に映画に夢中になっとって、
知らん間に3時間が終わっとった。

途中つっこみところも多少あり。

ほとんどが韓国がらみの場面なんだけど、

未来の世界で崇められとる神様「ソンミ様」という。

このくだりはどうなんだろexclamation&question
ちょっと安っぽい。

韓国系だからじゃないよ。

たとえば、「エリカ様」でも「チーリン様」でも「ローラ様」でも、
どっちにしてもおかしいがねふらふら

それから、ネオ・ソウルが舞台の場面もあるんだけど、
女性はそのままだからヨシとして、
男性の顔の特殊メイクが意味がわからん。

なんだろーな・・・わざと鼻筋をとろうとしとるのか、
目と目の間に盛るもんで、目が離れて、
なんかとにかくおかしなことになっとる。

人間離れした感じ。

最初はポカンとしとった私も、
途中で「ひょっとして韓国人に見せようとしとるのか」と、
思い始めてきた・・・

でも、韓国人には見えんし。

これは、あとで友人から、
西洋人を東洋人に見せようとしたからだと教えてもらい、
謎が解けた。

やっぱり韓国人に見せようとしとったんだな。

この映画、同じ人が何役もこなしとって、
韓国人役の人は超濃い顔の西洋人なんだわ。

(あとで調べたところによるとね)

それにしても、この扱い、
韓国人は怒ってもいいんじゃないのか
むかっ(怒り)

ハリウッド映画じゃなくて邦画だったら、
むちゃくちゃ抗議されとるのは間違いないどんっ(衝撃)

それから、ずっと、「なんでソウルなんだろー」
「アジアでどこかを選ぶなら、
中華の方がメジャーじゃないのかな」
と、
ちょっと違和感を覚えとった。

そしたら、友人が、

―アメリカという国にとって、奴隷制度、朝鮮戦争、原子力が、
カルマなんだな―

と分析しとった。

へぇ〜、だからソウルだったんだひらめき

というわけで、私はいつもぼんやり映画を見とるけど、
彼女はそんな風に見とるんだ、と非常に感心した。

そんなワケで話はズレたけど、
時間があったらもう一回最初からしっかりと見てみたい。

この映画の言いたいことは、確か誰かがどこかで言っとったけど、

『現生で関わりのあった人たちとは、性別や関係は変わるけど、
前世でも来世でも関わりがある』


てのと同じかな。夢がある。
posted by RACO at 23:18| 愛知 ☔| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン