2013年04月12日

『ひまわりと子犬の7日間』見た!!

<ひまわりと子犬の7日間>
画像
やっと、ミッドランドスクエアシネマ無料招待券がもらえた。

109シネマズなら金額にかかわらず6回見ると1回無料になるけど、
ミッドランドではレディースデーとかで1,000円で見とると、
15回見ないと無料にならん。

うーーーんふらふら

お得感があまり感じられないので、
次回は更新するかどうか思案中。

まあでも、とりあえずポイントためとくかっダッシュ(走り出すさま)

なわけで、今日は、
ミッドランド『ひまわりと子犬の7日間』を見たexclamation×2

次項有ひまわりと子犬の7日間

宮崎県の中央動物保護管理所で起こった実話をもとに、犬の親子と管理所職員の絆を描いた話。

ある日、母犬と生まれたばかりの子犬が保健所に収容され、母犬のひまわりは子どもを守るため近寄る人すべてを激しく威嚇する。保健所職員の神崎(堺雅人)は、なんとかしてひまわりの心を開かせ、里親を見つけようと奔走するが、なかなかうまくいかない。保健所に収容された犬は、飼い主が見つからなければ殺処分されることが決まっていて、ひまわり親子にも刻一刻とその期限が迫っていた・・・。

まず、このタイトル『〜7日間』てあるけど、
ほんとは7日間じゃないよね〜たらーっ(汗)

だって、保健所に居られる期間は7日間だったらしいけど、
最初の期限14日ってホワイトボードに書いたでしょexclamation&question

だから、14日7日めにあたるってこと。

でも、その後、14日から28日期限を延ばしたから、
本当は『ひまわりと子犬の21日間なんだわあせあせ(飛び散る汗)

この件については、誰も疑問を感じてないみたいだから、
まあいいんだけど。

でね〜、この映画に出てくる母子犬柴犬犬

もう、超かわい〜ぃ黒ハート

成犬は凛々しく、子犬はコロコロで、
ぎゅーっとしたくなるハートたち(複数ハート)

柴犬好きな私は、
柴犬を見とるだけできゅーーんとなるので、
映画の最初にひまわりのお母さんが死んじゃうところから、
うるっとしとった。

かれこれ14年くらい前までうちにおった柴犬は、
だいぶバカ犬だったけど(顔は超可愛い)、
この映画の中のたちはみんな演技もできてお利巧だったね〜

泣ける映画は、基本、映画館では見たくない。

「この人泣いとるな」と思われるのも嫌だし、
映画館出る時に、鼻とか目が赤くなっとるのも嫌だし。

ところが、今日の観客は、なんと私一人っきり。

今まで一人になりそうな時は何度かあったんだけど、
いつもギリギリで誰か入ってきたりとかして、
全くの一人はなかった。

だから、泣きたければ心おきなく泣ける状況だったけど、
まあやっぱり外では泣けず。ってか、泣かず

でも、鼻は気にせずにすすれたかも。

この映画、途中までは、
「まさか処分されちゃうのかな〜」と思っとったけど、
ハッピーエンドで良かったわーい(嬉しい顔)

だけどさー、どうせあの人が引き取るなら、
引き取ってから慣らしていってもよかったんじゃないか、
と、少しだけ思った。

まあいっか。

ところで、こういう犬猫問題

人間の身勝手で捨てたり、保健所に引き取りを頼んだり、
「民度が高い」とは聞いてあきれる。

ひまわりたちは運よく助かって良かったけど、
なんか胸に何かがつかえたまま。

でももう一回見たいな。柴たちを。

<ひまわりと子犬の7日間>
画像

posted by RACO at 23:00| 愛知 ☀| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン