2013年04月26日

『L.A.ギャングストーリー』(試写会)見た!!

<L.A.ギャングストーリー>
画像
昨日は、久しぶりに試写会へ行き、
『L.A.ギャングストーリー』を見たexclamation×2

試写会加勢大周『パテオ』以来だわ。

確か、松坂屋のどっかで見たけど、
本人が来たような来てないような・・・昔過ぎて覚えとらん。

映画の内容も全然覚えとらんけど、
確か、バリかどっか東南アジアの島が舞台だったような・・・

実は、加勢大周ファンだったんだけど。

さっきネットで調べたら、他の出演者は、
菊池桃子、保坂尚輝、鈴木京香、鶴見辰吾、松雪泰子らしい

すごい豪華じゃないexclamation&questionでも、初耳耳

まあ、そんな話はいいとして、今回見たのは左斜め下

次項有L.A.ギャングストーリー

応募はしてみたものの、タイトルを見て、
「ギャング映画か〜」テンション低め・・・

なんか当選ハガキ画像も古めかしげだし。

でも、せっかく当たったのに行かないと、
次から当たらないかも、と行ってみた。

会場鶴舞公園のとこにある公会堂

並んだ順番で中に入り、中に入ったら、好きな席へ〜

でも、いい席はすでに取られとる。

中には柱があったり、
映画を見るにはあんまりいい環境じゃないね〜

結局私は、真ん中くらいの一番端に座った。

ちょっと見にくいけど、まあいいかっ。

映画用の会場じゃなから、ワリと平らなつくりで、
前の人の頭が邪魔だね〜。

ずっと咳してるおじさんがいたり、
しょっちゅう人が出入りしたり・・・

「やっぱり私には向いてないかも」と思いつつ、
(通路側がいいし、混んでる会場は嫌いだし)
でも、タダだから仕方ないよ、と思った。

さて、内容は、

ロサンゼルスを支配した実在の大物ギャングに戦争を仕掛けたL.A.市警の最強部隊−その死闘の物語。

最初は「ギャング映画かよ〜」と思ってたんだけど、
けっこうおっもしろかったんだわ〜かわいい

うーーん、85点くらい。

最近の映画、たとえば『ジャンゴ』みたいに、
ライフルで撃たれても、
リアルに血しぶきがあがらないのも良かったし。

たくさんの人が殺されて、味方も犠牲になったけど、
ラストはスッキリした。

こんなことが本当にあったなんて・・・さすがアメリカだわ。

ところで、他にもいろんな試写会応募したんだけど、
『探偵はBARにいる』のが当たらんかな〜

当たって欲しいな〜

次項有探偵はBARにいる2』

posted by RACO at 23:50| 愛知 ☀| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン