2013年06月05日

『グランド・マスター』見た!!

<グランド・マスター>
画像
『リアル』
を見るか、『グランド・マスター』を見るか、
散々悩んだ結果、『グランド・マスター』を見に、
109シネマズ名古屋へ。

綾瀬はるかが好きだし、内容に興味があるから、
『リアル』を見たいと思いつつ、
「首長竜ってどうなのexclamation&questionと思って悩んどる。

こん睡状態の人の意識の中に入る、ってがあることないexclamation&question

いつか・・・そんなことができる日がくればいいかな、
と思ったりして。

1〜2年くらい前に、岡田君(将生の方)が、
剛力彩芽となんかおかしな深夜ドラマやっとったが。

なんだかんだ言ってアレも見とったんだわ。

まあでも、どうしても首長竜がひっかかるので、
とりあえず『グランド・マスター』へ。

ウォン・カーウイ作品だし。

※さっきまで、ウォン・カーウだと思っとったあせあせ(飛び散る汗)

ウォン・カーウァイと言えば、
金城武の初期の頃の映画撮っとるし。

◇恋する惑星:重慶森林(1994)
◇天使の涙:墮落天使(1995)
◇ブエノスアイレス:春光乍洩(1997)


よくわからん映画だったけど、
当時はが出とれば良かったし、
「香港映画ってまあこんなもんかな」くらいに思っとった。

意味不明であたりまえ、と言うか。

『ブエノスアイレス』は見とらん気がするけど、
多分大陸で買ってきたVCDかなんかがあるはず。

は出とらんけど、
◇花様年華:花様年華(2000)ってのも見た。

あんまり覚えとらんけど、なぜか映画館で見た気がする。
当時、広東語を習っとったからかも知れん。

すごい独特な雰囲気だったかわいい

◇2046(2004)てのには、確かキムタクが出とって、
これもうちに大陸VCDあり。

手に入ると満足するタイプだで、中身はまだ見とらん。

まあ、それはそれとして、
今回の『グランド・マスター』だけど、簡単に言うと、

中国拳法の中でも有名な詠春拳の達人であり、ブルース・リーの師匠としても知られる実在の武術家:葉門/イップ・マン(トニー・レオン)の生涯を描いた話、かな。

はっきり言って、内容は面白くない。(スンマセン)

だって、中国武術に興味もなければ、
ましてや誰がトップ(グランド・マスター)になろうが、
どーでもいいし、関係ないがダッシュ(走り出すさま)

それでも、全然「見て損した」とか思わんかった、不思議と。

なぜかと言うと、多分、
映像って言うか、物の撮り方が変わってるのと、
(たとえば、とか)

格闘シーンもなんか不思議な感じだったし、
とにかく一種独特の世界があるんだわ。

途中、日中戦争のシーンも出てきたけど、
明らかに悪意に満ちた表現じゃないのも良かったかも。

まあでも、カンフー好きとか、中国に特別な思い入れがあるとか、
ウォン・カーウァイ作品好きじゃない人にはおススメしん。

それから、イップ・マン妻役で、
韓国の女優さんが出とったに。

まさかと思ったけど、なんか見覚えがあって、
ほとんどセリフがなかったから気になって、
あとでネットみたらソン・ヘギョって人だった。

ソン・ヘギョが出とるドラマ
たしかに見たことあるはずだけど、
全く覚えとらん。

ところで、今まで何があってもワリと親中・親韓だった私が、
ここ2年くらいでとうとう嫌中・嫌韓になった。

にもかかわらず、中国映画は必ず見るのは、
いったいどういうことなんだろうexclamation&question

韓国映画はあんまり見んのだけど。ってか、見る気がしんむかっ(怒り)

冷静に分析したところによると(どーでもいいんだけど)、
多分私は中国は嫌いになり切れんと言うか、
好きなんだと思われる。

中国て、政治家はムカつくし、
反日デモで暴れる層はもうどうしようもないんだけど、
韓国とはちょっと違うんだよね〜。

もう少し頭と心が柔軟と言うか、
心が広いと言うか、わかってる人も多い。

詳しい話は長くなるで、今日はやめとくけど。

だから、なぜか中国映画躊躇なくみてしまう。
それどころか、見なイカン気になる。

なわけで、今回は、内容73点演出とか映像87ダッシュ(走り出すさま)
posted by RACO at 23:57| 愛知 ☁| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン