2013年07月02日

『殺しのナンバー』見た!!

<殺しのナンバー>
画像
昨日はファーストデーだったので、
109シネマズ名古屋で、『G.I.ジョー』と、
『殺しのナンバー』を続けて見たexclamation×2

あらすじを見てみたら、CIAの話で、
けっこう面白そうだったから。

次項有
殺しのナンバー

内容は、

CIA捜査官のエマーソンは、本部の指示で裏切り者の元CIA捜査官を始末する時に、その娘に目撃される。本来なら彼女も殺さなければいけないところ、どうしても銃の引き金を引くことができない。結局、彼女は上司の銃弾に倒れるが、エマーソンはそれ以来彼女の最期の目が忘れられず、精神を病んでしまう。

重大なミスを犯し、精神を病んだエマーソンは、イングランドの人里離れた送信局に左遷される。仕事は、局と暗号オペレーターのキャサリンの安全を守ること。そこはCIAのナンバーズ・ステーションで、暗号オペレーターの女性と護衛の捜査官がペアを組み数日交代で勤務、ヨーロッパの工作員たちに機密指令を送っている。

ある日、その局が何者かに襲われる
って

最初の場面から殺人シーンだったで、
「CIAの話のはずだけど・・・」と、
ストーリーを読み間違えたかと思ったよ。

何か殺し屋の組織の話かと・・・

さすがにCIAってあんな風に人殺しはしんよねー
映画だからだよねー

わからんけど
がく〜(落胆した顔)

主人公
エドガー・アラン・ポーの人だね。

あのアイラインを書いたようなに見覚えがある。

ヒロイン『ゲット・バック』に出てた女優さんらしいけど、
映画の内容も思い出せなければ、
彼女のことも思い出せず。

ニコラス・ケイジが出てたヤツか・・・???
窃盗団の仲間か・・・???


とにかく、ソレに出とったらしい。

けっこうハラハラドキドキで、面白かった
わーい(嬉しい顔)

そうだな〜、83点exclamation×2にしとこ。

この映画の前にコレクターっていう、
NYで実際にあった連続娼婦殺人事件を映像化した映画
やっとったんだわ。

それも見たかったんだけど、
なんか時間が悪くて、結局見れずに終わった。

それも、主演ポーだったみたい。

見たかったな・・・無理してでも見れば良かった
ふらふら

非常に残念ダッシュ(走り出すさま)

ちなみに、ポージョン・キューザックって名前らしい。

今は・・・『アフター・アース』を見ようかどうしようか、
悩んどる。
posted by RACO at 12:49| 愛知 ☀| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン