2013年07月17日

『終戦のエンペラー』(試写会)見た!!

<終戦のエンパペラー>
画像
4つめの試写会『終戦のエンペラー』見たexclamation×2

今日の会場名鉄ホールだったけど、けっこう混んどった。

グッタリ
ふらふら

次項有終戦のエンペラー

この映画のタイトルって、まんま昭和天皇のことらしい。

えっ、そんなのわかってた、って
exclamation&question

だよね・・・

私はいまいちわかっとらんかったんだけどふらふら

内容は、

終戦直後の日本を舞台に、昭和天皇の戦争責任をどう捉えるべきか、占領政策を担った連合国軍総司令部(GHQ)当局者らが明らかにしようとする様子を描いた、話。

この映画ねー、ネット上では一部問題作って騒いどる
ワケのわからん人たちがおるけど、
全然問題ないと思うわ。私は。

でも、なんで、この映画
ハリウッドが撮ろうと思ったんだろうがく〜(落胆した顔)exclamation&question

なんて言うか、結局のところ、
アメリカ日本昭和天皇かな)を讃えるぴかぴか(新しい)だけの映画のような気がするんだけど。私はね。

人によっては見方が違うかも知れんけど。

敗戦国の日本を植民地化することなく、
復興を第一に考えたアメリカはなんて心が広いんだダッシュ(走り出すさま)

マッカーサーと会談した時に、
「すべては自分の責任である」とおっしゃった昭和天皇は、
なんてご立派なんだダッシュ(走り出すさま)

みたいな・・・

実際、日本はアメリカに洗脳され腑抜けにされた、
って話もあるけど。

まっ、別にいいんじゃないの??と思う。

いつまでもどっかの国々みたいに他国んどっても、
しょうがないし。

・・・と、話がズレたけど、

この映画監督は、客観的に見られるように、
アメリカ人でも日本人でもなく、イギリス人なんだって。

映画宣伝文句に、
「日本人も知らなかった衝撃の事実」
みたいなのがあったんだわ。

でも、実際何が知られとって、何が知られてないのか、
私ではイマイチわからんかったんだけど、

それらしき場面のことを母に聞いたら、
母も知らんかったので、

多分あそこだな、と思ってた場面出来事は、
確かにかなり衝撃的だった雷

やっぱり、軍国主義はイカンと思うわ。

日本
は、だいぶ痛い思いをしたけど、
早いうちに抜け出せて良かったと思うよ。

最初のうちは、わりと単調な感じで、

『リンカーン』
状態になるか・・・と思ったけど、
昭和天皇マッカーサーとの会談場面には感動した
ぴかぴか(新しい)

本当に、本心から日本の復興を手助けしようと考えてくれたアメリカ人がいたとしたら、いい話だけどね〜


実際
はわからんダッシュ(走り出すさま)

最後に、

昭和天皇を戦犯として処刑にでもしたら、
日本のあちこちで暴動が起こるから、
昭和天皇の力を借りて日本を復興させる
・・・ってことだったけど、

天皇戦犯としたとしたら、
本当に日本のあちこちで暴動が起きたんだろーか。

当時の、日本国民天皇を思う気もちはわからんし、
今でも隣国に天皇を冒涜されればムカつくけど、

どうなのかな〜と、すごく気になった。

posted by RACO at 22:53| 愛知 ☁| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン