2013年07月27日

『偽りの人生』と『シャニダールの花』見た!!

『ワイルド・スピード』『ハングオーバー』と、
『アフター・アース』を捨てたので、

 実はまだちょっと悩んどるんだけど・・・

 『ワイルド・スピード』は多分見ん。だって、
 どんな映画もカーアクション場面はすぐ飽きるから。
 ずっとカーアクション映画は無理ふらふら

 悩んどるのは、あとの2本ダッシュ(走り出すさま)

 ひょっとしたら、今回の『ハングオーバー』は、
 それほど下品じゃなくて面白いかも知れんし。

 でも、一番迷っとるのは『アフター・アース』かな・・・
 それが、やっとる時間帯が悪いんだよね〜


<偽りの人生>
画像
この前の木曜日に、
センチュリーシネマ
レディースデーで、
『偽りの人生』『シャニダールの花』を見たexclamation×2

次項有偽りの人生

次項有シャニダールの花

うーーん・・・

両方ともワケがわからん映画だった・・・

まず、『偽りの人生』から。

内容は、

双子の兄が、「末期がんの自分を殺して欲しい」とやってくる。最初は驚くが、突発的にか計画的にか、とにかく兄を殺し、兄になりすまして兄の人生を歩もうとする。

ところが、兄は犯罪に手を染めていた−


って

うーーん・・・

はちょっと神経を病んどるみたいだけど、
結婚もしとって医者なんだわ。

なんで、見るからに怪しい兄の人生を歩もうと思ったのか、
それがわからん。

誰かも口コミで書いとったけど、
「逆ならわかる」って。

ごろつきの兄が医者の弟になりすます、って言う。

ほら、前クールドラマ『雲の階段』でもあったがね。

医者になりすますやつ。

『雲の階段』、なんか暗い話みたいだったで、
もう見んつもりだったけど、
せっかく録ったから、今見とるんだけど・・・

なんとけっこう面白いし、キューーーンとくる。

挿入歌イイかもるんるん

・・・と、話がズレたので、元に戻すと、

んー、まあ、責任のない人生を求めた、ってことかなexclamation&question

でも、になりすましても、
そんで何がしたいのかわからんし。

結局、を始め、
身近な人々には次から次へとバレてく。

でも、なんて、どうもしないんだよ。

そこから何か展開するかと思ったのに。
おかしないexclamation&question

意味がわからん、とにかく。何がしたいのかexclamation&question

話によると、双子役の俳優さんは、
すごく演技派だったらしいんだけどね。

『偽りの人生』は、そんな感じ。

さて、次は『シャニダールの花』

<シャニダールの花>
画像
ファンタジー
っていうジャンルらしい。
よくわからんけど。

ものすごい混んどって、
小さい会場だったけど満席で驚いたexclamation×2

コレって、綾野剛効果なのかな・・・

そんなに人気あるんだ・・・知らんかった・・・

映画の方は、

女性の胸に寄生するシャニダールの花。
そのシャニダールの花弁が、画期的な薬になると言う。


舞台は、その製薬会社の研究所。

ャニダールの花を寄生させる女性には、命の危険が伴うのだけど、所長はそれを隠している。

そしてある日―
って

綾野剛研究者で、黒木華(って人)はシャニダール寄生させる母体になってる女性たちのためのセラピスト(?)

まあ作りごとだと言うことはわかってるけど、

あまりにも抽象的すぎて、
私程度の頭ではよくわからん内容

女性の胸でしか開花しない
のかと思ったら、
映画後半には地面で咲いとったり。

だったら、
危険を犯して人間の胸で咲かせんでもいいんだわ。

シャニダールの花
がどんなになるのか、何に効くのか、
どうやって母体となる女性が選ばれるのか、
全然描かれてない。

それでも、まあ、許せる範囲だったかな。

とりあえず、今回は点数つけづらいから、なしで。

posted by RACO at 01:13| 愛知 ☀| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン