2013年08月20日

『パシフィック・リム』と『ホワイトハウス・ダウン』見た!!

<パシフィック・リム>
画像
昨日
109シネマズ名古屋会員感謝デーだったので、
仕事を1.5時間早退して、『パシフィック・リム』
『ホワイトハウス・ダウン』を見てきた。

早退するとその分給料が減るから、
1本1,000円で見れても、それがなのかなのか、
わからんのだけどねふらふら

まあいいや。

まず、『パシフィック・リム』は、
芦田愛菜ちゃんのハリウッド・デビュー映画ぴかぴか(新しい)

次項有パシフィック・リム

ロボット映画だとは聞いとったけど、
ロボット映画と言うより、コッテコテの怪獣映画だったがく〜(落胆した顔)

なんか昔懐かしい感じかわいい

ウルトラマンロボットアニメ合体したような・・・

それにハイテクをプラスしたような・・・

内心、「怪獣映画かよどんっ(衝撃)と思いつつ、
巨大ロボット怪獣戦闘シーンでは異常に興奮しとった手(グー)

そして、クライマックスシーンでは感動もうやだ〜(悲しい顔)

愛菜ちゃんは、あの泣きじゃくっとるシーンが、
演技とはとうてい思えん。

さすがだぴかぴか(新しい)

えっと、とりあえず内容は、

突如、海底の裂け目から怪獣(かいじゅう)が現れ、世界中の沿岸地区を破壊し、多くの人々の家や命を奪っていく。怪獣に立ち向かうため、人類は巨大ロボットを開発した。巨大ロボットは2人が同時に操縦し、操縦前に2人の脳を同調させる”ドリフト”というプロセスを経なければならない。この方法で何体かの怪獣を倒したが、倒しても倒してもレベルアップして現れる怪獣。この戦いを終わりにするには、怪獣が時空を超えてくる通路を破壊するしかない、って

そうなんだけど、

まあ怪獣が地球上に現れるパターンはいろいろあるんだろうが、
とにかく怪獣映画なんだわ。

見どころは、

1.菊地凛子
バブル期を思い出させるような眉毛と、
(アメリカ人の日本人に対するイメージってあんななのかexclamation&question

2.外人「怪獣(かいじゅう)」日本語で連発するとこ。

※多分、本来の見どころとは違うexclamation×2

私が気づいた限りでは、
「モンスター」と言ったのは一度だけ。

あとは全部、「怪獣」で通しとった。

「怪獣」世界共通語なのexclamation&question
この映画の中だけの言葉なのexclamation&question

まあどーでもいいんだけどね・・・

それから、菊地凛子日本語になんか違和感があったけど、
彼女は日本生まれ日本育ちなんだよねexclamation&question

これまたどうでもいいや。

てなわけで、思ったよりだいぶ面白かったわーい(嬉しい顔)

意外と・・・80点

次に、『ホワイトハウス・ダウン』を見たexclamation×2

<ホワイトハウス・ダウン>
画像
次項有ホワイトハウス・ダウン

あらすじは、前に見た「シリアスなダイハード」『エンド・オブ・ホワイトハウス』と、大筋は同じ。

一応書いとくと、

議会警察官のジョン・ケイル(チャニング・テイタム)は、大統領(ジェイミー・フォックス)のシークレットサービスの面接で不採用となる。面接の後、ホワイトハウス・マニアの娘と、ホワイトハウスの見学ツアーに参加している時に、ホワイトハウスが謎の武装集団に占拠される―、ってで、

『エンド・オブ・ホワイトハウス』と似たような展開で進んでいく。

なんでこんなおんなじような話を続けて作ったのか、
意味がわからんがく〜(落胆した顔)

そして、最終的にはやっぱり核ボタン

いやいやいや、まあそうなんだけど、
この映画本当に面白い

だから、似たような話でも許す。

『パシフィック・リム』もまあ面白いと思ったけど、
これは文句なしだわ。

ところで、
大統領役の人ってジャンゴだよねぇexclamation&question

途中で、「ブラックだけど目が小さくて顔が薄いな」と思って、

「そう言えば、前にも同じこと思った人がおる」「ジャンゴだひらめき
と気づいたんだけど、思ったより小さくて優しい声とか、
絶対そうだわ。

そうでしょ???

昨日見た2本映画主人公も、
私には同じ人に見えるんだけど、
どうやらそれは明らかに違うらしいわ。

目の前に並んでくれんと、違いがわからんダッシュ(走り出すさま)

そんなわけで、最近わりとアタリが多い感じです手(チョキ)

これは、そうだなぁ、91点てことで。

なんか次から次へと話題作が出てきて、忙しいかも。

とりあえず、次回は、
『マン・オブ・スティール』試写会に行ってくるわ。
posted by RACO at 12:57| 愛知 ☁| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン