2013年09月26日

『ウルヴァリン』見た!!

<ウルヴァリン SAMURAI>
画像
109シネマズ名古屋
レディースデイで、
『ウルヴァリン SAMURAI』を見たexclamation×2

もうねー、サムライ忍者ヤクザと、
てんこ盛り”日本祭り”って感じ。

そりゃ、舞台が日本だから、あたりまえなんだけど。

でも、なんかみんなの日本語がおかしいし、
日本人役の人たちがおかしい。

日本人役だけど日本人じゃない人いっぱいおったよねぇ??

それに、ハリウッド映画の中で時々聞こえてくる日本語って、
すごくおかしくないexclamation&question

『パシフィック・リム』でも思ったんだけどさ、
感情がないって言うか、単調って言うか。

なんであんなにおかしいんだろ・・・わからんふらふら

日本語はともかく、サムライ忍者ヤクザは、
あれが外人のイメージの中の日本なんだろーか。

そうそう、「外人」て言葉も連発しとった。

「ハラキリ」もあったねぇ。

ヒュー・ジャックマンも所々日本語単語を発しとったし、
やっぱり祭りだわふらふら

さらに、ミュータントロボット(!?)まで加わって、
もうおなかいっぱいだった。

次項有ウルヴァリン SAMURAI』

さてと、内容なんだけど、
『ウルヴァリン』シリーズ物だったんだね・・・

この間、金曜ロードショーでやっとった。

へぇ〜、そうなんだ・・・知らんかったがく〜(落胆した顔)

とにかく、今回映画は、

カナダで隠遁生活を送っていたローガン(ウルヴァリン)が、かつて命を救った大物実業家、矢志田に請われて日本を訪れた。しかし再会後まもなく、重病に冒された矢志田は死去し、ローガンはある組織に襲われた矢志田の美しい孫娘マリコと恋に落ちる。しかし何者かの罠にはまって治癒能力を失い、心身に凄まじいダメージを負ったローガンは、初めて自らの“限りある命”を意識し、さらなる過酷な運命をたどっていくのだった・・・って

ウルヴァリン不老不死で、
驚異的な治癒能力を持つらしいけど、
なんでそんなことになったかは知らん。

から大きな爪みたいなのがどうして出てくるのかも、
まったくわからん。

多分なんか悪い組織に身体を改造されたのかな・・・

まあそれはおいといて、その、
不老不死のウルヴァリンが初めて“死”の恐怖に直面し、
もがき苦しむ姿と、


真田広之との東洋武術の対決シーンとかがウリらしいよ。


これ、でもさー、日米以外の国でも公開するのかなexclamation&question

こんなマニアックな映画ウケるのかねexclamation&questionあせあせ(飛び散る汗)

私はなんだかよくわからないけど、
いろいろてんこ盛りで面白かったけどさー。

83点ダッシュ(走り出すさま)

甘過ぎるexclamation&question

そう言えば・・・よくに出てきたジーンて誰なんだろうね。

劇中でも、マリコユキオウルヴァリンに聞いとったけど。

やっぱりこの間TVでやっとった『ウルヴァリン』見れば良かった。

それからさー、マリコの幼なじみだか、
かつての婚約者だかのハラダっていう忍者
多分中華半島の人だけど、
(日本語がヘン)

『レッド・ドーン』朝鮮軍のリーダーと同じ人exclamation&question

違うか・・・もうおんなじ顔に見えるふらふら
posted by RACO at 20:46| 愛知 ☀| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン