2013年11月14日

『トランス』と『恋するリベラーチェ』見た!!

今日伏見ミリオン座レディースデーで、
2本連続で見たexclamation×2

まずは、<トランス>
画像
泥棒系の話だったんだけど、どうしても気になって、
終わる直前に見に行った。

次項有トランス

かなり面白かったわーい(嬉しい顔)

内容は、

白昼のオークション会場から、ゴヤの「魔女たちの飛翔」が盗まれた!40億円の名画を奪ったのは、ギャングたちと手を組んだ競売人のサイモン。なぜか計画とは違う行動に出たサイモンは、ギャングのリーダーに殴られる。その衝撃で、サイモンの頭から絵画の隠し場所の記憶が消えてしまった。催眠療法(トランス)で記憶を取り戻させようと、催眠療法士を雇うリーダー。だが、サイモンの記憶には、いくつもの異なるストーリーが存在し、深く探れば探るほど、関わる者たちを危険な領域へと引きずり込んでいく。そしてその先には、サイモンでさえ予想もつかなかった<真相>が待ち受けていた−。(公式HP引用)って

途中からなんだか現実なのかトランス状態なのかわからんくなって、
えっexclamation&question、えっexclamation&questionと思っとる間に、あっという間に終わったがく〜(落胆した顔)

どんでん返しが何回もあって、ほんと面白かったわかわいい

ただ、をはがす拷問シーン腐乱死体にはヒいたたらーっ(汗)

見逃しそうだったけど、見られてよかった〜。83点ダッシュ(走り出すさま)

さて、2本めは<恋するリベラーチェ>

画像
微妙かな・・・見んでもいいや、と思っとったけど、
友だちがワリと絶賛しとったので見てみたexclamation×2

次項有恋するリベラーチェ

この映画

世界が恋したピアニストと評されたミスター・エンターテイナー”リベラーチェ”の当時決して明かされることのなかった私生活と、生前に必死に隠そうとした同性愛者であるという事実に基づき製作された(公式HP引用)、らしい。

これは・・・恋愛映画exclamation&questionなのかなあせあせ(飛び散る汗)

マイケル・ダグラスマット・デイモンゲイ役で、
(マット・デイモンはバイだったけど)

マイケル・ダグラス映画はあんまり見たことなくてどんな人かよくわからんのだけど、

マット・デイモンの方は・・・『エリジウム』マット・デイモンとあまりにも違い過ぎて、本当にすごいな、と思った。

2人ベッドシーン(!?)美容整形シーンは、
ギョッとしたんですけどどんっ(衝撃)

それと・・・途中まではラブラブだったのに、
お決まりのように飽きられて若い子にのりかえられ、
裁判沙汰にまでなって、「なんだこれexclamation&questionと思っとったら、
オチがあった。

ただ、リベラーチェマット(役名覚えとらん)のを、
自分の顔に似せて美容整形させるんだけど、
ほとんど変わってないし、全然似とらんかったに。

まっ、80点カバン

何だか最近採点基準がよくわからんくなってきたな。

ってか、最初からテキトーなんだけどわーい(嬉しい顔)
posted by RACO at 23:15| 愛知 ☀| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン