2013年11月20日

『劇場版SPEC〜結(クローズ)〜漸(ゼン)ノ篇』見た!!

『ルームメイト』のあとは、『劇場版SPEC〜結〜漸ノ篇』🎥
画像

↩『劇場版SPEC〜結(クローズ)〜漸(ゼン)ノ篇』

インターバルがないどころか、
19:05に終わるのにSPEC18:50から始まっとる。

他の映画も考えたけど、
1時間以上空きがあっては帰りが遅くなるし、やることないし。

もう映画は始まっとるけどどうしてもトイレに行っとかな、
トイレに行ってから、SPEC上映会場へ。

やっぱり始まっとった😞

でも、まだ5分以内のはず。

さて、一応内容は、

世の中には通常の人間の能力や常識では計り知れない
特殊能力(SPEC)を持った人間が潜んでいる。

もし、そのうち何パーセントかが、その能力を悪用しているとしたら・・・。


当麻紗綾(戸田恵梨香)と、警視庁特殊部隊(SIT)出身で叩き上げの瀬文焚流(加瀬亮)の二人の捜査官が、 そんな特殊能力(SPEC)を持った犯人と対決する様を描く
(公式HP引用)

途中から見たせいかどうかわからんけど、
さっぱりわからんかった
😞

まだ『ルームメイト』映像が目に浮かんどったし。

私、SPEC連続ドラマしか見てないんだワ。

最近劇場版だかスペシャル版だかを2本放送しとったから、
ちゃんと見て予習しとけばよかった。

録画はしてあるから、
『爻(コウ)ノ篇』を見るまでにはちゃんと見とくけど。

えっ、「『爻(コウ)ノ篇』も見るの
」って?

そりゃ見るでしょ💨

これねー、よく見ると、
ATARU出演者とだいぶカブっとって、
たまに錯覚におちいる。

たとえば、北村一輝栗山千明
「〜なのね」田中哲司

この映画には「〜なのね」田中哲司は出とらんかったし、
北村一輝キャラはこっちの方が強烈だけど、
栗山千明ATARUとほとんど同じ髪型衣装だったもんで、
非常にややこしかった。

『ATARU』
『踊る大捜査線』でもそうだったんだけど、
くだらないギャグダジャレTVドラマだから許せる部分もあって、
「映画だとどうなのかな〜」って思う。

『謎解き』もちょっとそうだったかも。

しかも前後篇2回ってどうなの・・・と思わんこともない。

回想シーンが長すぎるような・・・

でも、あのわけのわからん
「なんなの、いったいこのドラマ・・・」
っていう
摩訶不思議なとこ好きだったから、まあいいかっ。

とりあえず、
『爻(コウ)ノ篇』11/29公開らしいから、
期待しよ

posted by RACO at 12:33| 愛知 ☁| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン