2013年12月01日

『清須会議』見た!!

今日ファーストデー日曜日かわいい

甘く見とったがく〜(落胆した顔)

まず、9:55開始『清須会議』を見ようと、
109シネマズへ行ったら、なんと外まで列がどんっ(衝撃)

こんなに混むんだ〜ふらふら

前回109シネマズの日日曜日が重なった時に、
当日ネット予約しようとしたらつながらんかったから、
今回予約だけは2日前にしてあったんだけど、
発券機発券するのにもこんなに並ぶとは・・・あせあせ(飛び散る汗)

二度とこんな日には行かんと思うわ。

それか、夕方以降に行くダッシュ(走り出すさま)

それはさておき、<清須会議>

画像
やっと見たわーい(嬉しい顔)

次項有清須会議

「名古屋弁が面白い」と聞いとったけど、
マジで面白かったかわいい

わりと今までの名古屋弁ドラマ誇張しすぎと言うか、
とってつけたようなのが多い中、この映画は、
全員がけっこう自然名古屋弁だった気がする。

ってか、大泉さん、巧いねぇ〜ぴかぴか(新しい)

やっぱ、どうでしょうディレクター:藤村君名古屋出身だから、名古屋弁になじみがあるのかな、とか思ったりして。

藤村D鶴舞出身らしい)

ただ一つ残念なのは、「支度(したく)」と言っとったことexclamation×2

そこはやっぱり「まわし」でしょどんっ(衝撃)

※まわしする:準備する、支度するの意。

そうそう、内容は、

天正10年(1582年)本能寺の変。一代の英雄織田信長が死んだ。跡を継ぐのは誰か?後見に名乗りを上げたのは2人。筆頭家老・柴田勝家(役所広司)と後の豊臣秀吉・羽柴秀吉(大泉洋)。勝家は、信長の三男でしっかり者の信孝(坂東巳之助)を、秀吉は、次男で大うつけ者と噂される信雄(妻夫木聡)を、それぞれ信長の後継者として推す。

勝家、秀吉がともに思いを寄せる信長の妹・お市様(鈴木京香)は、秀吉への恨みから勝家に肩入れ。一方、秀吉は、軍師・黒田官兵衛(寺島進)の策で、信長の弟・三十郎信包(伊勢谷友介)を味方に付け、妻・寧(中谷美紀)の内助の功もあり、家臣たちの心を掴んでいく
(公式HP引用)―
って

ドリフほどじゃないけどドリフっぽい小ネタと、
名古屋弁ツボにはまった。

他の地方の人はどうか知らんが、
名古屋人には受けると思うわ。

ただ、時間が長っふらふら

途中でだれる。といっても、2時間半なんだけどね。

ちなみに、大泉さん「見かけ倒しだ・・・」とつぶやいたセリフが、
いちばんのお気に入りexclamation×2

他には、登場人物のメイクやズラ、
みなさんの名古屋弁(特に大泉さん)、
バカっぽくて天真爛漫でちょっと野比のび太風の妻夫木聡、
中谷美紀のはじけたダンス、

『許されざる者』や『人類資金』とは全く違う佐藤浩市、etc.が気に入った。

鈴木京香剛力彩芽眉毛なし+お歯黒は、
むちゃくちゃ怖かったどんっ(衝撃)

ってか、怖すぎんexclamation&question鈴木京香・・・

とりあえず、この映画88点てことで。

点数高過ぎかも知れんけど、名古屋弁だったでね。

まあイイがね。
posted by RACO at 23:22| 愛知 ☀| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン