2013年12月05日

『I AM ICHIHASHI』見た!!

<I AM ICHIHASHI 逮捕されるまで>
画像
今日
109シネマズ名古屋で、
『ゼロ・グラビティ』試写会があった。

と、その前に、名演小劇場で、
『僕が星になる前に』っていうのが見たかったんだけど、
終わるのが18:25で・・・試写会に間に合うか、
ビミョーな感じだったもんで散々悩んであきらめたんだわ。

次項有僕が星になるまえに

末期がんの青年が親友たちと最後の旅に出る、ってで、

夏頃やっとった映画『スター・トレック』悪者役の、
ベネディクト・カンバーバッチっていうエッグ・ベネディクトみたいな名前のシュッとした顔の人が、初めて主演を務めた映画なんだって。

舞台英国だったし、見たかったけど仕方ない。

で、何か他にないかとネットを見とったら、
「第二の金城武」と呼ばれとるディーン・フジオカとかいう
台湾で活躍する日本人俳優映画があると言うので・・・

このディーン・フジオカって人、お父さんが中国人
お母さんが日本人ハーフで、日本語、英語、中国語、韓国語、北京語5か国語が話せるんだって。

(金城武は韓国語のかわりに台湾語だね)


「第二の金城武」といわれたら、見ないかんダッシュ(走り出すさま)

・・・というわけで、『I AM ICHIHASHI』見たexclamation×2

次項有I AM ICHIHASHI 逮捕されるまで』

この映画タイトル通り、

2007年千葉県市川市で英国人英語講師を殺害し、青森・四国・沖縄・名古屋・大阪・福岡へと、名前を変え、顔を変え、2年7ヵ月におよぶ逃亡生活をおくった末大阪で逮捕された市橋達也が逮捕されるまでの話

この映画、どうやらそんな犯罪者テーマにしたということで、
非難殺到なんだと。

「ますます見てみたいかも」映画館を探したら、
なんと109シネマズ名古屋だったんだわ。

「そんなのあったかな〜」HPを見てみたら、
なんとあったがく〜(落胆した顔)明日までの上映

しかも、一律1,000円で、時間もちょうどいい。

で、見てみたんだけど・・・

「第二の金城武」ディーン・フジオカは、
がちょっと佐藤健に似とるかな〜

イヤ、他のいろんな俳優がちょっとずつ入っとる感じ。

日本人中華ハーフがどうしてこうイケメンになるのかわからんけど、イケメンには違いないわ。

でも、オーストラリア育ちの中華系インドネシア人女性(!?)結婚しとるらしい。

ディーン・フジオカのことはおいといて、内容は・・・

一律1,000円だし、まああんなもんかなって感じだったけど。

この犯人、自分で整形しながら逃げとったが。

分厚い下唇はさみで切って薄くするシーンには、
すっごいヒいた・・・

あと剃刀を持ってなんかやっとったけど、
見とらんかったでわからん。かな・・・

なんかYahoo映画評価はすっごい低いけど、
私は画像とかは面白いと思ったけどね。

でも、こんなマイナー映画を、
109みたいなメジャー劇場でやる意味はわからんかも。

点数は、70点くらいかな・・・

内容内容だけに。

posted by RACO at 11:33| 愛知 ☁| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン