2014年02月12日

『メイジーの瞳』も見た!!

<メイジーの瞳>
画像
実は月曜日試写会の後、伏見ミリオン座まで、
『メイジーの瞳』を見に行ったexclamation×2

次項有メイジーの瞳

内容は、

離婚した両親の家を10日ごとに行き来することになったNYに住む6歳のメイジー(オナタ・アブリール)。ベビーシッターだったマーゴ(ジョアンナ・バンダーハム)が、父の新居にいることに戸惑うが、元々仲良しだった彼女にすぐに打ち解ける。母が再婚した心優しいリンカーン(アレキサンダー・スカルスガルド)も、メイジーの大切な友だちになった。

自分のことに忙しい両親は、次第にそれぞれのパートナーにメイジーの世話を押し付け、彼らの気まぐれに我慢の限界を超えたマーゴとリンカーンは家を出て行く。

母はツアーに向かい、メイジーは独り夜の街に置き去りにされてしまうのだが──。
(公式HP引用)ってなんだけど、

この両親最悪〜ちっ(怒った顔)

幼稚園(?)お迎えにもちゃんと来んし、
両親を変わる日のお迎えも守らんどんっ(衝撃)

お互いの新しいパートナーのことも軽視するどんっ(衝撃)

のことは愛してはいるんだろうけど、
こんな人たち、誰と一緒にいても上手くいくわけないし、
子どもに愛そう尽かされて当たり前な感じ。

仕事大切かも知れんけど、
それよりも大切なものがあると思う。

それに比べて、マーゴリンカーンといる時は、
それぞれが相手のことを思いやっとって、

メイジー実の親といるより、彼らといる時の方が、
ずっとずっと幸せ穏やかな気持ちなんだろうな〜。

メイジーはきっと、
両親
とそんな風に生活したかったんだろうな〜、
とちょっと切なくなった。

メイジーはお利巧だし可愛かったけど、
痩せとるな〜がく〜(落胆した顔)

びっくりどんっ(衝撃)

まあ特に感動する事もなくフツーな感じだったから、
77点くらいexclamation&question


posted by RACO at 23:26| 愛知 ☀| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン