2014年02月25日

『エージェント:ライアン』見た!!

<エージェント:ライアン>
画像
年末にもらったミッドランドスクエアシネマの、
いつでも1,000円クーポンがあと1枚残っとったので、
ミッドランド『エージェント:ライアン』を見に行ったexclamation×2

次項有エージェント:ライアン

ちなみに、そのクーポン期限今月中。

この映画、予告編が面白そうだったし、
「ぜったい間違いないな」と思って見に行ったら、
やっぱり間違いなかったわーい(嬉しい顔)

始まり方も良かったしね・・・

年とったけど、ケヴィン・コスナーもかっこよかった揺れるハート

85点exclamation×2

なんか”ジャック・ライアン”シリーズってのがあって、
その最新作なんだって。

全然知らんかったけど。

旧作には、『レッド・オクトーバーを追え!』(90)、『パトリオット・ゲーム』(92)、『今そこにある危機』(94)、『トータル・フィアーズ』(02)4作品があるらしい。

『パトリオット・ゲーム』
は見たかな・・・

全く覚えとらん。見とらんかな・・・

で、今回はCIAエージェントの、
ジャック・ライアン誕生の話らしい。

内容は、

ウォール街にある投資銀行のコンプライアンスと経済テロ阻止を目的としたCIA情報分析班のアナリストという、二つの顔を持つジャック・ライアン(クリス・パイン)。

ある日、モスクワの投資会社チェレヴィン・グループの不審な動きをキャッチし、上官ハーパー(ケヴィン・コスナー)にエージェントの現地派遣を要請する。しかし、彼から返ってきたのはライアン自身による調査命令だった。

チェレヴィン・グループへの監査を装ってモスクワへと飛んだライアンだが、そんな彼に同グループの警護員が襲い掛かってくる。
(Yahoo!映画引用)―って

まあ、ロシアをこんな悪者にしてイイのかなexclamation&questionっていうのと、
犯人親子の最期が後味悪いのと、特に父親

テロの仕組みはわかったようなわからんようなだったけど。

一つ隣りにすわったおばさん(といっても年下かも)がさー、
ほっとんどずっと込みっぱなしで、イラついとったもんで、
聞き逃したり見逃したとこもあるかも。

映画見に来てずっとしとる人、たまにおるんだけど、
ちょっと神経疑う。

そんなにが出るなら、
静かにしとらんとイカン映画なんて見に来るな
と私は思う。

それか、どうしても見たいなら、
あんまり他人に影響がないにするか。

でも、今日のおばさんは後方のど真ん中のにおった。

だいたい自分も映画集中できんだろうに。

なわけで、映画高得点だったけど、
あんまり気分が良くないわ。

終り頃、スマホチェックしとるもおったしね。

日本人のマナーまだまだですパンチ


posted by RACO at 23:27| 愛知 ☀| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン