2014年02月28日

『MUD―マッド−』

<MUD−マッド−>
画像

名演小劇場まで行ったら2本くらい見んともったいないので、
続けて見られる『MUD−マッド−』選択

ホントは『神さまがくれた娘』が見たかったけど、
今週は小さい劇場上映だったんだわ。

来週は大きい劇場に変わるみたいだで、
来週見ようと思って・・・

次項有MUD−マッド−』

これも、予告編を見た時、
アメリカ映画のわりに落ち着いたトーンが気に入って、
見ようと思っとった。

まあハリウッド感溢れとるのも好きなんだけどさー・・・

さて、内容は、

14歳のエリス(タイ・シェリダン)はアメリカ南部、アーカンソー州の川辺のボートハウスで両親と暮らしている。

彼はある日、親友ネックボーン(ジェイコブ・ロフランド)と出掛けたミシシッピ川の島でマッド(マシュー・マコノヒー)という男性と出会う。

エリスは世間から隠れて暮らす彼に興味を抱くが、ネックボーンはマッドのことを快く思っていなかった。
(Yahoo!映画引用)
―って

なんだか内容は違うっぽいけど、
『スタンド・バイ・ミー』と同じ匂いがする、と思っとったら、
公式HPにも”現代版『スタンド・バイ・ミー』”と書いてあった。

ふーーーん・・・

やっぱりそうなんだ・・・

マッドは結局、幼なじみ(女)を酷いめにあわせたを殺して、
その父親兄弟から命を狙われとったんだわ。

ちなみに、その幼なじみは、確か、
『Black & White』にも出とったお騒がせ女優だったと思う。

私が、きれいなのかきれいじゃないのか、
よくわからんかった人。

でも今回はだいぶ目が慣れてきて、
まあきれいにみえたかもあせあせ(飛び散る汗)

エリスネックボーン(これ、名前exclamation&questionがく〜(落胆した顔))は、
マッドがそいつらから逃げられるように手助けをするんだけど、

まあいろんなことがあって激昂したエリスが、
毒蛇のおるに落ちて咬まれちゃうんだわ。

で、マッド病院に連れて行くもんで、
追っ手にみつかっちゃうんだわね。

そこ、なんかバカみたいな展開じゃないexclamation&question

よくありそうなオチでしょ、ってか、オチじゃないんだけどどんっ(衝撃)

とにかく、そういうことだもんで、
バレて襲撃されて・・・ボートハウスぼっこぼこパンチ

まあでも、最後はイイ終わり方だったということで、
81点くらいかな〜

なんだかんだ言って、悪役の、
弟(息子)を殺された家族は気の毒な気がちょっとする。

あのあと、何も描かれとらんかったけど、
父親があきらめて仕返しに来んかったとこが不思議

そうそうひらめき

ネックボーンもまあまあなしとったけど、
エリス大人になったらイケメンになると思うわハートたち(複数ハート)

とりあえず。


posted by RACO at 21:02| 愛知 ☔| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン