2014年02月26日

『ハリケーンアワー』見た!!

<ハリケーンアワー>
ハリケーンアワー
109シネマズ名古屋上映予定にのっとったので、
予告編とかやってなかったけど面白いのかな、
と思って見てみた。

あとでYahoo!映画レビューを見て知ったけど、
ちょっと前に事故でなくなった”ポール・ウォーカー”
とかいう人の追悼的な上映だったんだね・・・

次項有ハリケーンアワー

内容は、

ハリケーン”カトリーナ”が猛威をふるい、都市に壊滅的な被害を与える中、病院で我が子の命と引き換えに、一人の女性(ジェネシス・ロドリゲス)が亡くなった。赤ちゃんも早産だったために生命維持装置の中に。

絶望で打ち拉がれる父親ノーラン(ポール・ウォーカー)は、人々が避難する中、我が子を守るため一人病院に残ることを決意するが、次々とトラブルに見舞われ、ついには銃を持った略奪者たちが現れる。

果たしてノーランは無事、我が子を守り、生き残ることができるのか?
(公式HP引用)−って

特に宣伝もされとらんくて、かなり地味な感じだったけど、
予想以上に楽しめたかわいい

前にチラッとレビューを読んだ時に、
「生き延びるために他人を殺すのはどうか・・・exclamation&question
「殺された看護士がかわいそう」

っていうコメントがあった気がしたので、

映画のはじめの方で攻撃的だった主人公を見て、
勝手にこの人が医師看護士を殺すんじゃないか、
ヒヤヒヤしとったけど、記憶違いだったワふらふら

最初は、助かったよりも、
亡くなったに気持ちが残っとった主人公が、

生命維持装置につながれたを一生懸命守り続け、
最後には愛しく大切に思うようになったとこが感動的ハートたち(複数ハート)

ただ、停電になってバッテリーが残り少なくなり、
発電機で最初は3分、そのうち1.5分しか充電できんくなるんだわ。

3分もそうだけど、1.5分なんてあっという間だに。

実際、屋上に行ったり、
探し物したりしとる時間なんてないと思うわ。

まあ映画だでいいけど。

この映画舞台アメリカだったけど、海外では、
災害とかで町が壊滅的な被害をこうむると
無法地帯
になって略奪レイプ放火が横行するんだよね。

日本阪神大震災の時も、東日本大震災の時も、
そういうことがなくて、日本人にとっては当然のことだけど、
外国人にとってはすごいことなんだろうなと思う。

でも、避難して留守になった住宅には、
泥棒が入ってたと言うし。

そんなに安心してもおれんよね。

外国人もたくさん入ってきとるし、
日本人の中にも悪いやつはいっぱいおるで。

・・・と、話がズレたけど、海外災害に遭うと、
食料のためにを狙われたりするから怖いねがく〜(落胆した顔)

うーん、85点exclamation×2

そっかー、この人が亡くなったんだ・・・残念ダッシュ(走り出すさま)


posted by RACO at 23:14| 愛知 ☔| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン