2014年03月17日

『あなたを抱きしめる日まで』見た!!

<あなたを抱きしめる日まで>
画像
土曜日伏見ミリオン座で、
『あなたを抱きしめる日まで』と、
『それでも夜は明ける』2本を見たexclamation×2

少し前、日曜日に行った時にあまりにも混んどったもんで、
うんざりして「週末は二度と行くもんかむかっ(怒り)と思ったんだけど、
時間がある時に見とかんと見れんくなりそうだったで。

本当はこの2本より早く公開された『ラブレース』と、
『ダラス・バイヤーズクラブ』見たかったのに、
どうにもこうにも時間が合わん。

先週の土曜なら上手い具合に続けて見られたけど、
その日はカラオケ・デーるんるんだったからね。仕方ない。

というわけで、

次項有あなたを抱きしめる日まで

内容は、

その日、フィロミナ(ジュディ・デンチ)は、50年間かくし続けてきた秘密を娘のジェーンに打ち明けた。

それは1952年、アイルランド。10代で未婚のまま妊娠したフィロミナは家を追い出され、修道院に入れられる。そこでは同じ境遇の少女たちが、保護と引き換えにタダ働きをさせられていた。

フィロミナは男の子を出産、アンソニーと名付けるが、面会は1日1時間しか許されない。そして修道院は、3歳になったアンソニーを金銭と引き換えに養子に出してしまう。

以来わが子のことを一瞬たりとも忘れたことのない母のために、ジェーンは元ジャーナリストのマーティン(スティーブ・クーガン)に話を持ちかける。愛する息子にひと目会いたいフィロミナと、その記事に再起をかけたマーティン、全く別の世界に住む二人の旅が始まる――。
(公式HP引用)
―って

これも事実に基づく話

私が”UK好き”だからかどうかわからんけど、
イギリス映画にはわりとハズレがない。

フィロミナ役女優さん、
『マリーゴールドホテルで会いましょう』にも出とって、
前にも書いたけど、最新『007』M役の人だダッシュ(走り出すさま)

この人の作品にもハズレがない。

上の2作品しか知らんけど。

元ジャーナリスト役マーティンは、
どっかで見たことあるなと思いつつ、思い出せず、
あとで調べたら『メイジーの瞳』父親だったわ。

全然雰囲気が違うでわからんかった。髪型も。

映画は、思いの外早く息子の消息がわかっちゃったあせあせ(飛び散る汗)

けっこう衝撃的だったがく〜(落胆した顔)

抱きしめられたら良かったのに・・・

でも、実話だから仕方がない。

この話も泣けたもうやだ〜(悲しい顔)

息子アイルランドの話をしたことがあったかどうか、
フィロミナは気にしとったんだけど、
それがわかった瞬間・・・自宅なら号泣だったな。

『ローン・サバイバー』には点数つけんかったけど、
今回はちょっとつけてみると、90点以上だね手(チョキ)

それにしても、アイルランド修道院ひどいむかっ(怒り)

神に仕える者のやることかむかっ(怒り)

私もジャーナリストと同じく、
シスター・ヒルデガードのことは絶対許せんパンチ

『それでも夜は明ける』は日を改めて。

posted by RACO at 00:15| 愛知 ☀| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン