2014年04月11日

『ダブリンの時計職人』も見たよ!!

<ダブリンの時計職人>
画像
センチュリーシネマから名演小劇場まで歩いたら、
ちょっと疲れた〜

次項有ダブリンの時計職人

内容は、

止まった時間をもう一度戻せたなら――、冬のアイルランドを舞台に不器用な大人たちの人生の再生を描く、ほろ苦いけれど心をポッと温めてくれるウィスキーのような物語。

それは、時計職人フレッドがロンドンで失業し故郷ダブリンに戻ってくるところから始まる。職と家を失いホームレスとなったフレッドは、悲しい現実を受け止めきれず、落ち込んだ日々を送っていた。しかし、“隣人”としてあらわれた青年カハルとの出会いで次第に新しい自分を発見していく。

前向きに新生活を送っていたフレッドだが、ある日、小さな事件が起こる。偶然行ったスイミングプールで未亡人ピアノ教師ジュールスに一目ぼれしてしまったのだ。寂しげな雰囲気を持つ美しい彼女と何も持たないホームレスの自分、彼女との距離が縮まるにつれて自分の身の上を知られたくないと思い…。

人生に立ち止り、戸惑いながらも、あきらめないフレッドが、カハルとジュールスの動かなくなった思い出の時計を直した時、3人の止まった心の秒針もゆっくりと動き出していく。
(公式HP引用)―って


この映画もかなり暗め。

ダブリンに魅かれたのと、
評価4.1以上と高かったもんで見ることにした。

名演小劇場の小さい方で上映だったけど、
誰にも邪魔されない良い席をみつけたので、
これから少し早く行ってあのが取れれば、
小さい劇場でも躊躇することないわ。

最初の方は、淡々としたおじさん(フレッド)の生活を見せられ、
あらすじをほとんど予習してなかった私は、
「何これ?」「何やっとるの?」とずぅーっと手探り状態

説明が多いのも見とって疲れるけど、
まったく説明がないのも欲求不満イライラする。

でも、最終的には、鼻の奥がツーンとして泣けたもうやだ〜(悲しい顔)

まさか、カハルがあんなことになるとはね・・・

けど、一つ大きな疑問exclamation×2

フレッド失業中なのはわりと早いうちにわかったし、
失業手当受給申請したり、
シェルターになんとか入れてもらおうとするのはわかるけど、
なんで仕事を探そうとしとらんのexclamation&question

ひょっとして、住所不定では職にも就けんてことexclamation&question

でもさー、それならそれで説明してくれんと。

そういう説明が全くないし。

手当をあてにするのもイイけど、
とりあえず職を探そうよ、とずっと思っとった。

スポーツクラブアクアビクスやっとる場合じゃないが雷

まあでも、これも意外と79点くらいで。



posted by RACO at 12:07| 愛知 ☁| Comment(1) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
Posted by 履歴書 at 2014年06月04日 11:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン