2014年04月07日

『セインツ―約束の果て―』見た!!

<セインツ―約束の果て―>
画像
どんな内容なのか、しっかり確認しないままに、
とりあえずセンチュリーシネマ地下鉄

この間、ちゃんと吟味していこうと誓ったばっかりだけど、
なんとなく大丈夫そうな気がして・・・

次項有セインツ−約束の果て−

内容は、

舞台は1970年代のテキサス。窃盗・強盗を繰り返す一組のカップル、ボブ・マルドゥーン(ケイシー・アフレック)とルース・ガスリー(ルーニー・マーラ)。

ルースの体に新しい命が芽生えたことをきっかけに、この強盗を最後に真っ当な人生を歩もうとしていた二人だったが、ついに警察に逮捕されてしまう。

ルースの身代わりに刑務所行きになったボブは、ルースが娘を出産したことを知り、まだ見ぬ娘に会うため脱獄を企てる。

警察からも追われ、その上、かつて裏切り決別した組織からも追われるボブ、ボブを待ちながら大事な娘をひとり育てるルース、陰でルースを見守りひそかな恋心を抱く地元保安官パトリック(ベ ン・フォスター)。

3人のそれぞれの想いが交錯する時、美しくも切ない結末が待っていた…。(公式HP引用)―って

まず、誰かがレビューで書いとったけど、
「まったく同情できない」って。

私も自業自得だと思う。

っていうか、どうして脱獄したのexclamation&question

キチッとおつとめを終えて出てくれば良かったのに。

ルースまだ見ぬ娘に会いたいからexclamation&question

意味わからんて。

そんな自分勝手理由・・・

刑期を終えて出てきたって、殺し屋に狙われるかも知れんけど、
少なくとも警察には追われんがねダッシュ(走り出すさま)

まっ、でも、荒涼としたもの寂しげな風景は良かったな〜

なんだかがざわついたダッシュ(走り出すさま)

なんか・・・ずっと何か起こるんじゃないかと、
けっこう落ち着かん感じだった。

ところで、撃たれた警官役の人は、
『ローン・サバイバー』仲間の一人だった気が・・・

めずらしく今回は覚えとったかわいい

主人公よりもこの人の方が好感を覚えるハートたち(複数ハート)

主人公、高くないexclamation&question

言葉ってないexclamation&question

それと、”セインツ”意味がずっと気になって・・・

映画を見とって、”魂””精神”的な意味なのかな、
と思っとったんだけど・・・

英語スペル”saints”って書くみたいだもんで、
調べてみたんだわ。

saints:名詞:

1 聖人,聖徒,聖者 《生前高徳であったため死後聖人の列に加えられた人,または殉教者などを呼ぶ尊称;

2 (聖人のように)高徳の人,りっぱな人,君子.
3 [通例複数形で] 天国に昇った人,死者.


なんか違うんだよね・・・

まあイイけど。

うーーーん、75点exclamation×2

でも、1時間40分と短めだし、
要らんシーンとかなくて良かったよ。


posted by RACO at 23:55| 愛知 ☁| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン