2014年04月29日

『レイルウェイ 運命の旅路』見た!!

<レイルウェイ 運命の旅路>
画像
戦争を描いた映画だし、
きっと日本は分が悪いんじゃなかと思って、
キョーミはあったけど微妙だな、と思って、
なんか見たいような見たくないような・・・

そう思いつつ、見れんくなるとイカンもんで、
思い切ってパルコセンチュリーシネマへ。


次項有レイルウェイ 運命の旅路』

始まってしばらくは、やっぱりなんか居心地が悪くて、
でも途中から引き込まれた。

そりゃ、戦場に行ったり、捕虜拷問なんかを受ければ、
みんな精神的にヤラれるよな。

ベトナム戦争イラク戦争に行った米軍兵士たちも、
未だに苦しんどる人たくさんおるんでしょー。

さて内容は、


鉄道好きで、平凡な人生を送るはずだったエリック・ローマクス。第二次世界大戦時に日本軍の捕虜となり、泰緬鉄道建設に狩り出され残忍な扱いを受ける。

戦中の記憶に苦しめられながらも、献身的な愛を捧げる妻パトリシアと共に平穏な日々を過ごそうとしていたエリックだったが、ある日当時の現場に居合わせた日本人通訳永瀬が、今も生きていることを知る―。

英国人将校エリックが綴る、繰り返されてはならない悲惨な戦争体験とその後の驚くべき人生を豪華実力派キャストにより映画化。後世に語り継がれるべき実話を基にした物語。
(伏見ミリオン座HP引用)
―って


うーーーん

エリックシンガポール日本軍捕虜になり、
拷問を受けたことからPTSDになっとるんだけど、

どうして妻が結婚するまで、
そのことを知らんかったのかが不思議


つき合っとるうちはわからんかったんだろーか。

何の支払いかは覚えとらんけど、請求書がやってきて、
それでもエリックが支払いをしんので取り立てにやってくる。

で、取り立てにやって来た人をナイフで襲ったのに、
”お咎めなし”なのも不思議

そんなエリックを見て、妻は逃げ出さずに、
エリックを何とか救おうと思うのは、すばらしいぴかぴか(新しい)

エリック拷問を受けることになったのは、
日本軍に隠れて作って聞いとったラジオのせいなんだけど、

「受信機」だと言うエリックに対して、
日本側「送信機」だと思ってエリックを問い詰める。

受信機送信機区別がつかん日本軍て、アホ過ぎexclamation&question

映画の中で、捕虜になった英国人兵士たちを打ちのめしたり、
エリック拷問しとる日本軍人を見とると、
同じ日本人ながらムカついてきたむかっ(怒り)

でも、この映画一方的視点だし、
私はあまり自虐史観は持たんようにしとる。

若い頃は、中韓がワーワー言っとるのを、
「昔の日本が悪かったんだから仕方ない」と思っとった時期もあったけど、いろいろなことを知るにつれ、なんか違うな・・・と。

事実を知ることは大切だし、
当時被害を被った人々は本当に気の毒だと思うけど、
一部の日本人がやったことを、戦後生まれの私たちにごちゃごちゃ言ったって、知らんがねダッシュ(走り出すさま)というのが、正直な気持ち

オーストラリアの中で台湾のおばさんに、
西安タクシーの中で若い運転手に、
なんか言われたことがあるけど・・・

300歩譲って、戦争経験者に言われるならまだしも、
私たちよりも若い戦後生まれの若者に何がわかるんだ、
と思うんですけどどんっ(衝撃)

怒られるかな・・・こんなこと言うと・・・

ちなみに、オーストリアに行った時(20年くらい前)に、
現地ツアーで一緒になったオージーのおじいさんに、
「50年前に銀座でパレードした」と言われたこともあるがく〜(落胆した顔)

・・・って、ズレたよね・・・

まあ、この映画当事者同士のだから、イイんだわ。

なんか難しいね・・・よくわからんふらふら

この映画は・・・過去の憎しみを乗り越えて、
友情が芽生えたことが素晴らしいexclamation×2って映画なの??

うーーーーーーん・・・

ただ、この映画スコットランド舞台だったから、
スコットランド風景街並みが出てきて良かったよ。

ちょっとだけだけど・・・

私はイギリススコットランドが好きだからハートたち(複数ハート)

まっ、そんなわけで、80点くらいダッシュ(走り出すさま)
posted by RACO at 20:47| 愛知 ☔| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン