2014年05月15日

『プリズナーズ』見た!!

<プリズナーズ>
画像
昨日はミッドランドスクエアシネマレイトショーで、
『プリズナーズ』を見たexclamation×2

次項有プリズナーズ

なんか最近、伏見ミリオン座センチュリーシネマで、
見たいものが多くて・・・

なかなかミッドランドへ行く機会がない。

でもそれでは見逃しちゃいそうだもんで、
レイトショーへ映画

1,300円出すのは高いでイヤなんだけど・・・

さて、内容は、

ペンシルヴェニア州で小さな工務店を営むケラー(ヒュー・ジャックマン)の幸せに満ちた日常は、何の前触れもなく暗転した。 感謝祭の日、6歳の娘アナがひとつ年上の親友と一緒に外出したまま、忽然と消えてしまったのだ。

まもなく警察は青年アレックス(ポール・ダノ)を容疑者として拘束するが、自白も物証も得られず2日後に釈放。

刑事ロキ(ジェイク・ギレンホール)の生ぬるい対応に不満を隠せないケラーは、アレックスがふと漏らしたひと言から、彼が犯人だと確信し、自らの手で口を割らせようとする。

最愛の娘を取り戻したい一心で、法律とモラルの一線を踏み越えていく父親。 粘り強い捜査によって、新たな容疑者の存在を突き止めていく刑事。

もがけばもがくほど混迷が深まるこの難事件の背後には、想像を絶する闇が広がっていた…。(公式HP引用)―って

あんまり期待してなかったんだけど、
予告編はなんだか残酷そうだったし)

かなり面白かった〜わーい(嬉しい顔)84点exclamation×2

2時間30分以上あったで、見る前は、
「長いな〜ふらふらと思っとったけど、
退屈することもなくわりとあっという間に過ぎてった。

最近こーいう感覚を忘れとったけど、
こうなんていうか、ずっとドキドキ揺れるハートしとるっていうか、
私が好きなタイプの映画

犯人どんでん返しだし。

少なくとも、私は全く気づかんかったよ。

被害者家族があそこまでヤってイイかどうかの問題は、
イカンとは思うけど、まあ気持ちはわかる。

でも結局・・・アレックス被害者だったし、
可哀相だったなぁ〜もうやだ〜(悲しい顔)

っていうか、早く口を割ればいいものをダッシュ(走り出すさま)


話をややこしくしただけの、自殺した容疑者も。

自殺までしんでも良かったんじゃないのexclamation&question

折しも、知立市(愛知県)で、
警官ともみ合っとるうちに警官の銃を奪って発砲し、
警官の腕を貫通させた事件が起きた直後だったけど、

を持っとる人はもっと注意しとってもらわなイカンわどんっ(衝撃)

そんなわけで、1,300円出しても元はとれた感じ。

あんまり大々的宣伝しとらんかったけどね・・・この映画

ヒュー・ジャックマンは、
なんか別の映画の方に力を入れとるよね・・・

確か、近々来日するんじゃなかったっけexclamation&question

少し前に、ヒュー・ジャックマンが、
鼻にできた皮膚がん切除手術をした、
ネットに出とったので、ばっかり見とったんだけど、
はきれいなもんだった・・・

いつできたんだexclamation&question

まあいいや、以上どんっ(衝撃)

そうそうひらめきもう一言、ラストシーンについて。

今、終わりですかexclamation&questionがく〜(落胆した顔)ってとこで終わっちゃったなあ〜

posted by RACO at 15:57| 愛知 ☀| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン