2014年05月22日

『バチカンで逢いましょう』見た!!

<バチカンで逢いましょう>
画像
なんとか名演小劇場16:35の回に間に合ったわーい(嬉しい顔)


次項有バチカンで逢いましょう

最初に言っとくと、まあ面白くなくはないけど、
予告編を見て、期待が大きくなり過ぎた、って感じ。

75点ダッシュ(走り出すさま)


とりあえず、内容は、

夫を亡くしたマルガレーテは、娘たちとの同居も老人ホームへ行くのも拒否し、ローマ法王(教皇)に会うためにたった一人でバチカンに向かう。敬虔なカソリック信者として、これまで夫と幸せに暮らしてきたマルガレーテだが、彼女には法王の前で懺悔しなければならないことがひとつだけあった。

はじめてのローマ、マルガレーテはそこでイタリア人の恋人と同棲中の孫娘マルティナの部屋に転がり込む。

バチカンに向かったマルガレーテはイタリア人の老詐欺師ロレンツォと出会う。ロレンツォも他人には明かせない人生の秘密を持っていた。

マルガレーテは持ち前のバイタリティでローマの廃業寸前のドイツ料理店のシェフとなって店を復活させる。その評判は法王庁にも届き、やがて法王のためにドイツ菓子カイザーシュマーレン作りを依頼されるまでになる…。公式HP引用)―って

まあローマ風景もたくさん出てくるし、
そこそこ楽しめた。

でも、
彼女の行くところには、いつも人々を笑顔にする魔法がかけられる。
って言うから、

彼女の行くところには、笑いが沸き起こるとか、
みんながハッピーになるとか、
そんなことを想像したんだけど、そーでもなかったなぁ。

もっと笑えるかと思っちゃったんだわ。

映画冒頭カナダオンタリオ風景が、
気分を盛り上げたし、期待が高まり過ぎたみたい。

話としては面白かったけど、
なんかガチャガチャしとったと言うか・・・

ロックバー孫娘とその同棲相手歌うシーン
必要かなぁ・・・

コレって、どこの映画なのexclamation&question

イタリアドイツ

監督ドイツ人みたいだから、ドイツ映画か。

やっぱりハリウッドとかの映画の作り方とは違うわねあせあせ(飛び散る汗)

ところで、カイザーシュマーレンて、
変わったお菓子だねバースデー

ホットケーキを焼いてからぐちゃぐちゃにする、みたいな。

一度も食べたことないけど、美味しいのかな〜


全然関係ないけど、今、なでしこ中国戦を見とったサッカー

『BORDER』が始まるのを待っとったんだけど、
よくあんなイイとこでゴールしたねぴかぴか(新しい)

勝つ時は勝つ手(チョキ)


posted by RACO at 21:57| 愛知 ☀| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン