2014年07月10日

『観相師』見た!!

<観相師>
画像

伏見ミリオン座からセンチュリーシネマ移動して、
『観相師』を見た。

内容は、

天下を取るのは、勇猛果敢なトラか?残忍非道のオオカミか?

「顔」を見るだけで性格から寿命まで全てを見抜く天才観相師ネギョンは、息子や義理弟と送る貧しい生活から脱する夢を抱き、都の芸妓に招かれて観相業を始めた。

その眼力は人々の運勢のみならず、殺人事件の真犯人をも暴くとあって、評判はたちまち宮廷にまで知れ渡る。

やがて、”トラ”の異名を持つ優れた高官キム・ジョンソの信頼を得たネギョンは、念願叶って宮中の要職に抜擢される。

だが王の弟、首陽大君に”オオカミ”のように冷酷な「逆賊」の相を読み取ったことから、国家の命運と自らの人生を左右する謀反へと巻き込まれていく――。(公式HP引用)−って

「顔」を見るだけで性格から寿命まで全てを見抜くなんて、
すごい面白そうじゃんexclamation&question

だから、またエグい内容かな、と思いつつ、
どうしても見たくて・・・

時代劇だったけど。

案の定、謀反なので、血みどろ残忍で、
容赦ない内容だったよがく〜(落胆した顔)

でも、78点ダッシュ(走り出すさま)

いつも思うんだけど、韓国映画は、
シリアス内容でもユーモアのセンスが入っとる。

そーいうとこ、すごい面白いと思うんだわ。

でも、どうしてこんな面白いことを考えられて、
面白い映画ドラマを作れる国民たちがあんな風なのか、
どうしてもわからんどんっ(衝撃)


残念だし、ホントもったいないね。

ところで、また新しい韓国映画予告をやっとった。

小学生ぐらいの女の子が、
通学途中(多分)に男に暴行される内容みたい。

ちょっと見たいけど、
また『トガニ』みたいに後味悪いとイヤだな〜、と思って。

ちなみに、もう今は”嫌韓”を経て”哀韓”になったので、
見たい韓国映画があれば気にしずに、見ますっどんっ(衝撃)


ラベル:観相師
posted by RACO at 23:27| 愛知 ☔| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン