2014年07月14日

『怪しい彼女』見た!!

<怪しい彼女>
画像
韓国映画が続いとるけど、センチュリーシネマで、
『怪しい彼女』を見たexclamation×2

次項有怪しい彼女

内容は、

70歳のマルスン(ナ・ムニ)は、向かうところ敵なしの口の悪さと頑固さで近所でも有名なおばあさんだった。

国立大教授に出世した一人息子(ソン・ドンイ ル)を女手一つで育て上げたものの、アクの強い性格が災いし最近は嫁にも煙たがられる始末。

ある日、彼女が写真館で遺影のつもりで写真を撮ると、不思議な ことに20歳のころの自分(シム・ウンギョン)に戻っていた。 (Yahoo!映画引用)―って

予告編も面白そうだったし、
70歳のおばあさんが20歳になるなんて、
どう考えても面白いに決まっとるがダッシュ(走り出すさま)

というわけで、見てみたんだけど・・・

最初の方はだいぶハードルが上がっとるし、
韓国ドラマ映画特有の、または韓国人特有の、
ワーワー、ギャーギャー怒鳴り散らし、
相手の髪を掴んで喧嘩を始めるシーンが暑苦しく・・・

ちょっとげんなりしかけたけど・・・


「これが韓国人なんだ」と割り切ったら、
どんどん面白くなってったグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

あり得ない話だけど、泣けるし、笑えるし、
良かったよかわいい

異例の83点exclamation×2

最後のオチ合格ぴかぴか(新しい)

元の姿に戻る手段っていうか、方法っていうかは、
上手く作ったような作ってないような、だけどね。

”青春写真館”で私も写真が撮りたいな〜

ってか、”青春写真館”店主は、
『トガニ』にも出とったねぇ。

あの時は気持ち悪かったけど、
今回は全然そんなことないや。

TV局プロデューサー役イ・ジヌクって人、
久しぶりにかっこいいと思ったけど・・・

あんな甘いイケメン韓国におるかなexclamation&question

やっぱり整形かな・・・

整形なら全く興味ないや。

あとでネットで調べたら、
どうやらチェ・ジウがあった人みたいだよ。

<怪しい彼女>
画像
主人公シム・ウンギョンて子は、
チラシで全く顔が違う気がして、
同一人物だと思えんのだけど・・・私だけexclamation&question

メイクによってこんなに変わるのかな。

誰かに似とるな〜と、思っとったけど、
「荻野目洋子だひらめきピンときた。

でも、この子は子役から出とって、
子どもの頃の画像も見たけど、変わってなかったよ。

ちなみに、孫娘役の子は、大島優子風

さて、また韓国映画予告編3篇くらい流れとった。

韓国映画が多いな・・・。・・・

posted by RACO at 23:21| 愛知 ☀| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン