2014年07月28日

『複製された男』見た!!

<複製された男>
画像
予告編を見て、すっごい面白そうだったもんで、
どうしても見たくて見てみたんだけどさー

まず、始まってすぐ、
「はっ、こーいう映画なのexclamation&questionとヒいたがく〜(落胆した顔)

なんか、舞台の上の女の人をおっさんたちが眺めとる、
秘密地下クラブ的なシーンだったんだわ。

毒蜘蛛みたいな大きな蜘蛛も出てくるし。

次項有複製された男

内容は、

大学の歴史講師アダム(ジェイク・ギレンホール)は、ある日同僚から1本のビデオを薦められる。応じるままに鑑賞した彼は、その映画の中に自分と瓜二つの端役の俳優を発見する。あまりのことに驚きを通り越し恐怖を感じたアダムは翌日から取り憑かれたようにその俳優を探し始める。

アンソニーという名前を突き止め、気づかれないよう遠くから彼を監視するうちに、どうしても会って話がしたくなり遂にアンソニーに接触する。その週末二人は対面し、顔、声、体格に加え生年月日も同じ、更には後天的に出来た傷までもが同じ位置にあることを知る。

どちらが”オリジナル”でどちらが”ダブル”なのか―、なぜ自分と全く同じ人間が存在するのか―。後戻りできない極限状況に陥った彼らは、それぞれの恋人と妻を巻き込みながら、想像を絶する運命をたどっていくのだった・・・・・・。(公式HP引用)―って

宣伝文句に、

”脳力”が試される、究極の心理ミステリー
あなたは一度で見抜けるか―

とかあって、すっごい一生懸命見とったんだけど、

オチでひっくり返りそうになったどんっ(衝撃)

その後すぐエンドロールが流れ出して、
「ひょっとして、”タネあかし”があるかな〜」と思いつつ、
エンドロールの途中で出てきたけど・・・

地下鉄の中で気になって、レビューを見倒しとっても、
”タネあかし”があったとは出とらんかったで、
まー良かったわ。


ってか、マイナーっぽい映画なのに、
やけにレビュー数が多くて驚いたあせあせ(飛び散る汗)

帰宅するまでに読み終わらんかったよ。

みんな、このジェイク・ギレンホールって人に騙されて、
見に行っとるんだな〜

この人、『プリズナーズ』刑事役だったよね・・・

私も、あの映画でイイ味出しとったで、
迷うことなくこの映画も見た。

ちなみに、監督『プリズナーズ』監督らしい。

戻って・・・

そんなわけで、最初と終わりが、
「ポッカーンがく〜(落胆した顔)って感じだったけど、

それ以外はわりと好き。

「どういうことだろうexclamation&question」「どうなるんだろうexclamation&questionと、
けっこう引き込まれたダッシュ(走り出すさま)

うーーーん・・・

ただ、最初と終わりが意味不明なので、
過程を楽しむ映画かな〜

前半は、バイロケとかドッペルゲンガーっぽいヤツかな、
といろいろ考えたけど、途中から、
「『ルームメイト』とか『プラチナデータ』と同じ系かexclamation&question
とうっすら気づいてきた。


※『ルームメイト』:北川景子と深キョンのヤツ
※『プラチナデータ』:嵐の二宮君のヤツ

とにかく、レビューが多くて、
みんないろいろ説明してくれとったので、
なんとなくわかったようなわからんようなだけど・・・

公式HP袋とじもサラッと読んだ。

そうすると、最初シーン意味もわかるんだけどね・・・

劇場では、オチを見て、
「はっどんっ(衝撃)ワケわからんわどんっ(衝撃)と心の中で吐き捨てたけど、
やっぱりジワジワ面白かったかな。

75点exclamation×2

逆に言えば、せっかく面白かったのに、
最後シーン台無しにされたというか・・・

蜘蛛母性象徴なんて言われても、知らんて。

でも、この映画、嫌いじゃないですあせあせ(飛び散る汗)


(どっちなのexclamation&question


posted by RACO at 23:41| 愛知 ☀| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン