2014年08月27日

『ぼくを探しに』見た!!

<ぼくを探しに>
画像
今日はWポイントデーでもなんでもなかったけど、
伏見ミリオン座『ぼくを探しに』を見たexclamation×2

次項有ぼくを探しに

内容は、

幼少時代に両親がこの世を去って以来、言葉を発することができないポール(ギョーム・グイ)は、伯母姉妹に育てられる。

ダンス教室を営む二人はポールをピアニストにすることに夢中で、彼は過去の記憶を心の中に秘めながら孤独な毎日を淡々と過ごしていた。

そんなある日、彼はひょんなことから同じアパルトマンで生活しているマダム・プルースト(アンヌ・ル・ニ)と出会い……。 (Yahoo!映画引用)―って

そのマダム・プルーストは、なんか不思議な人で、
不思議ハーブティとマドレーヌで、
セラピーみたいなことをやっとるんだわ。

で、ポールもそのセラピーを受けることになって、
過去の思い出両親死因を思い出してくことになる。

これって、フランス映画exclamation&question

たしか、フランス映画だったよね・・・


なんかとにかく不思議独特世界映画で、
そんな特別面白い話じゃなかったけど、
なんとなく面白かった・・・

どっちなのexclamation&question

なんか別にすごい面白いワケじゃなかったけど、
見終わったら幸せな気分になれて、
良い気分のまま帰宅できた家

その両親死因ていうのは、
けっこう衝撃的内容で・・・

そんなことが判明して、
最終的に失った言葉が戻ってくるのかと思っとったけど、
そこんとこは結局どうにもならんかったかな〜。

ポール内気奥手33歳なんだけど、
あたたかい家庭を持てたところで終わるという、
ハッピーエンディングだったよ。

ちなみに、奥さん中国系

”キレイ”という設定だったけど、
私にはちょっとよくわからんかも。

ところで、マダム・プルーストは、
顔がともさかりえみたいで、すごい気になった。

で、この映画の中では1957年生まれので、
「まっ、まーそんなもんかな」と思っとったんだけど、
実年齢1969年生まれだったんだわどんっ(衝撃)

ってことは、まだ40代半ばなんだ雷exclamation&question

軽く衝撃どんっ(衝撃)

そうそう、79.5点ダッシュ(走り出すさま)


ラベル:ぼくを探しに
posted by RACO at 23:06| 愛知 ☀| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン