2014年08月29日

『カニバル』見た!!

<カニバル>
画像
マット・デイモン
『プロミスト・ランド』のあと、

伏見ミリオン座『カニバル』を見たexclamation×2

次項有カニバル

ビミョーかと思ったけど、
レビューを読んだら「映像がきれい」とあったので、

大丈夫かな・・・と見ることに。

内容は、

スペイン、グラナダのアパートで一人で生活している仕立て屋のカルロス(アントニオ・デ・ラ・トレ)。

紳士然とした彼だったが、その正体は美女を拉致しては人里離れた山荘でバラバラにし、その肉を食すという連続殺人鬼だった。

そんなある日、彼は行方不明となった双子の妹を捜し出すために東欧からスペインに来たというニーナ(オリンピア・メリンテ)と知り合う。

彼女の美しさに殺人と食人の衝動に突き動かされる一方で、カルロスは愛というこれまでに知らなかった感情にも支配されてしまう。Yahoo!映画引用)―って

うーーーん・・・

直接的シーンはないんだけど、

台の上で切断されてるらしい場面があって、
音に合わせて足が揺れてが流れたり、

人肉と思われるたくさんの冷蔵庫に入っとって、
それを焼いて食べる場面があったり。

なんか、最初から最後まで、
に何かが詰まっとるような気分だった。

まあ、この映画もなく不可もなく76点くらいだけど、
主人公人肉を食べるようになった原因が、
全く描かれとらんかったのが残念だったな。

あと、たくさんの人がレビューで書いとったけど、
劇中何度か出てきた主人公よりかなり年配の女の人。

最初、お母さんかと思ったんだけど違ったんだわ。

その人が主人公に、
「あなたに女性は愛せない」と言った言葉も気になる。


あとは・・・

双子なのに、は殺して食べ、
は愛してしまって殺せない・・・

この違いは何なんだろうね。

まあ性格なんだろうけどねぇ。

そんな感じ。

ホント疲れた〜

いっつも、何回も思っとるんだけど、
続けて見んともったいないもんで続けてみちゃうんだよね〜

せめて間に休憩入れるとかしんともたんわ。

話ズレた、終了exclamation×2

そうだひらめき

全裸シーンぼかしもなかったね・・・

posted by RACO at 23:59| 愛知 ☁| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン