2014年10月09日

『るろうに剣心 京都大火編』見た!!

<るろうに剣心 京都大火編>
画像
『京都大火編』はすでに一日1回上映になっとる。

しかも昼間1回だもんでなかなか見づらかったけど、
うっかりしとるの終了しそうだったので、
がんばってミッドランドスクエアシネマへ。

次項有るろうに剣心 京都大火編

内容は、

かつて人斬り抜刀斎と呼ばれた伝説の人斬り、緋村剣心(佐藤健)。

刀を置き、平穏な生活を送る剣心は、ある日、剣心から影の人斬り役を引き継いだ志々雄真実(藤原竜也)が京都でその名をとどろかせていることを知る。

政府が派遣した討伐隊は志々雄を前に成すすべがなく、最後の望みとして剣心に白羽の矢が立 つ。

志々雄の野心を阻止すべく、剣心は京都へ向かう。(Yahoo!映画引用)−ってなんだけど、

まず、あんなにグサグサに刺されて焼かれたのに、
生きとった志々雄にビックリ。

また、志々雄名前じゃなくて名字ってことにも驚いた。

志々雄役藤原竜也は、
昔からあんまり興味ないけど、演技は上手い気がする。

全くどーでもイイ話だけど、
剣心名字を聞く度、「えっ、日村exclamation&questionたらーっ(汗)と、
バナナマン日村を思い出してしまうふらふら

やっぱり・・・TVで見るのと劇場で見るのとでは、
チャンバラ迫力が違うねぇ。

ドキドキ感も違う。

けっこういろんな人が出とる。

ハリウッド映画にも出てくるおじさんとか。

ほら、『48RONIN』浅野内匠頭役とか、
あれっ、あと出てこんけど、他にも出とったはず。

邦画『永遠の0』に出とったりとか。

その人と伊勢谷友介(四乃森蒼紫役)が、
京都大変な時に死闘をくりひろげるんだけど、
そんなことやっとる場合じゃなかったと思うんだわ。もうっ。

『花子とアン』もも役土屋太鳳とか。

どっかで見た顔だな、と思っとったら、ももだった。

島唄の人とか・・・

すぐ暗殺されちゃったけど。

で、映画自体は・・・思った通り面白かったけど、
剣心最強の人斬りのわりには、
なんか弱い気がするんだよね・・・

雑魚キャラにはむちゃくちゃ強いけど、
シーン毎のボスキャラにはけっこう手をやいとるで、
こんなんで最強キャラがやっつけれるのかな、と思う。

どうやって伝説が終わるのか知らんけど。

そう言えば、吉川晃司はどーなったんだ・・・

後編には福山雅治が出てくるみたいだね。

来週あたり見に行こ。

そうそう、ドラゴンボールみたいな人もけっこう出てきた・・・

えっと、84点exclamation×2

歴史史実との絡め方が上手いと思うんだけど、どうexclamation&question

あっ、それから、佐藤健上手いと思うよ。

普段は人斬りとは思えないほど穏やかなのに、
戦う時になると目つきが変わるとことか。

忘れとったけど、江口洋介が思ったよりかっこいい。
やっぱり年齢を経ても太ってこんのがイイかも。
posted by RACO at 23:01| 愛知 ☁| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン