2014年11月06日

『サスペクト 哀しき容疑者』見た!!

<サスペクト 哀しき容疑者>
画像
沖縄旅行後すぐ咳風邪を引いたり、親戚不幸があったりで、
なかなか映画を見る暇も気力もなかったけど、
そろそろ行っとかんといろんなのが上映終了になりそうになってきたので、とりあえず、センチュリーシネマへ。

まず、『サスペクト』を見たexclamation×2

次項有サスペクト 哀しき容疑者』

13日
までの上映だよ。


内容は、

暗殺、陰謀、濡れ衣、逃亡、復讐。
国家に追われる容疑者は、罪なき目撃者−

国家を揺るがす陰謀に巻き込まれ、命を狙っていたはずが狙われる身に!!

都会の片隅で孤独に暮らす男チ・ドンチョル(コン・ユ)。彼の正体は、北朝鮮諜報部隊の元エリート工作員。

目的はただひとつ、愛する妻子の命を奪い韓国へ逃げ延びた同郷の犯人への復讐。

運転代行業をしながらその行方を追っていたドンチョルは、唯一親身に接してくれたパク会長の殺害現場を偶然目撃し、ある遺品を手にする。

その瞬間から、復讐に燃える「追跡者」というだけではなく、会長殺しの「容疑者」として”国家の狩猟犬”セフン大佐(パク・ヒスン)に追われる二重の運命を背負ってしまう・・・。(公式HP引用)―って

また韓国映画だけど、誰かに、
「すごい面白い」ってススめられたんだよな〜

誰だったかは、忘れた。

その誰かが言ったように、けっこう面白かったかわいい

韓国映画
中国映画にありがちな、

ものすごい残酷シーンはなかったし・・・

そりゃ何人かはされたけどね。

スパイ物は絶対面白い。

みんなものすごい強いんだけどー、
あっちのスパイたちはみんな本当にあんなに強いのかなexclamation&question

ってか、本当にあんなスパイがおるのかなexclamation&question

なんかこーいう話、
実際にもありかねん国だでな、と思いながら見とった。


確かに、韓国映画は面白いかも知れんダッシュ(走り出すさま)

シリアスでもセフン大佐子分役の人みたいに、
必ずコミカルキャラの人がおって、
そーいうとこが私のツボにはまる。

コン・ユ
(コーヒープリンスの人)は、
もし整形でないとしたら、かっこいいと思うな〜。


83点exclamation×2

ただ、カー・アクションシーンが長いっふらふら

多分見せ場だとは思うんだけど、
どうやら私はカーチェイスシーンとか、
あんまり好きじゃないと思うんだよね。

数分で飽きちゃうんだわ。

こんなのに巻き込まれたら迷惑だな、と思ったり。

なわけで、シーンは短めにしていただきたい。

posted by RACO at 22:43| 愛知 ☀| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン