2014年12月23日

『マップ・トゥ・ザ・スターズ』見た!!

<マップ・トゥ・ザ・スターズ>
画像
天皇誕生日の今日、伏見ミリオン座で、
『マップ・トゥ・ザ・スターズ』『ストックホルムでワルツを』を見たexclamation×2

夕方からだったせいもあるけど、
祝日なのに意外と空いとったねぇ。

まず、『マップ・トゥ・ザ・スターズ』から。

内容は、

一人の少女が、7年ぶりにハリウッドに帰郷した。

封印された家族の秘密と、ほんの少しの野心を持って―

ワイス家は典型的なハリウッドのセレブファミリー。父のワイス(ジョン・キューザック)はセレブ向けのセラピストとして、TV番組を持つ成功者。13歳の息子ベンジーはドラッグの問題を乗り越え、超有名子役としてブレイク中。そして母親のクリスティーナは、ステージママとして息子の出演作の物色にいとまがない。

一見なんの不自由もなく、富も名声も手に入れたワイス家。しかしこの一家には、封印された秘密があった・・・

ワイスのセラピーを受けている落ち目の有名女優ハバナ(ジュリアン・ムーア)は、知人の紹介で顔に火傷の後がある少女アガサ(ミア・ワシコウスカ)を個人秘書として雇うことにする。

しかし、この少女はある問題を起こしてフロリダの施設に入れられていたワイス家の長女だった―。

アガサがハリウッドに戻ってきたとき、封印されていた秘密が明らかになり、一家や周囲の人々の歯車は狂い始める―。公式HP引用)―って

・・・なんだけど・・・

なんだこれがく〜(落胆した顔)exclamation&question

どうなんだろー、この

おかしな話、としか言いようがない。

予告編からなんかおかしかったけど、
ハリウッド舞台だったし、タイトルから、
少女がスターになる系のなのかな、
と勝手に思っとったんだわ。

そしたら、全く違ったどんっ(衝撃)

結局、これは何ぃ、
近親相姦の・・・呪われた家族なのexclamation&question

なんかよくわからんて。

ジュリアン・ムーア演技は、
カンヌ国際映画祭最優秀女優賞をとったらしくて、
確かに凄かったと言えば凄かったけど・・・

アガサ恋人が、
どうして年とった落ち目の女優に寝取られたのか、
全く意味がわからんしあせあせ(飛び散る汗)

年とって落ち目でも”女優”だからexclamation&question

それとも、何、”枕営業”な感じexclamation&question

とにかく全体的気持ち悪い話だった・・・。・・・

ジョン・キューザックは、何だっけ、ほら、
『ペーパー・ボーイ』とかいうマイナー映画見てから、
なんか気持ち悪くなったし。

ポーの時は良かったけど。

弟役の子は、やけになで肩が長かったし。

まっ、そんなこんなで、

映画を見終わって、中年カップルが、
「わけがわからん話だけど、要は演技がどうか、ってことで・・・」と話しとったので、
きっと誰もが同じような感想だったんだわ、と思う。

どうやら監督クローネンバーグって人は、
変わった映画を撮る人らしいので、
まっ、仕方ないか。

うーーーん

なんかよくわからんかったけど、
面白かった気もするので・・・75点exclamation×2

ところで、ハバナ母親役女優さん、
ずっとどっかで見た気がしとったけど思い出せんくて、
ネットで調べてやっと判明ひらめき

ドラキュラZERO妻役の人だねぇひらめき

サラ・ガドン名前らしいけど、
けっこう好きかわいい



posted by RACO at 23:53| 愛知 ☀| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン