2015年01月09日

『イロイロ ぬくもりの記憶』見た!!

<イロイロ ぬくもりの記憶>
画像
久しぶりに名演小劇場中国映画を見たexclamation×2

中国映画っていうか、シンガポール映画だけど。

次項有イロイロ ぬくもりの記憶

内容は、

共働き夫婦の一人っ子と、子どもと離れて出稼ぎに来た異国のメイド

1997年のシンガポール。

共働きで多忙な両親をもつ一人っ子のジャールーは、わがままな振る舞いが多く、小学校でも問題ばかり起こして周囲の人々を困らせていた。

手を焼いた母親の決断で、フィリピン人メイドのテレサが住み込みで家にやって来る。

突然の部外者に、なかなか心を開かないジャールーだったが、仕送り先にいる息子への想いを抑えつつ必死で働くテレサに、いつしか自分の抱える孤独と同じものを感じて心を開いていく。

だが、そんな折、父親がアジア通貨危機による不況で会社をリストラされてしまう。

また、メイドに打ち解けた息子に安心していたはずの母親の心にも、嫉妬にも似た感情が芽生えはじめる…。(公式HP引用)―ってで、

最初の方はジャールーを見て、
「このぉ、クソガキダッシュ(走り出すさま)と思っとったけど、
メイドに懐いてくにつれ徐々に可愛く見えてきたがく〜(落胆した顔)

ジャールー母親は、
いくつかわからんのだけど、
妊娠中だで若いと思われる)
ちょっとヒステリー気味・・・

ジャールーメイド寄りになってくのも当然だわな、と思っとった。

まあでも、この物語は何ぃ?、
”ぬくもりの記憶”ってのはどんな”ぬくもり”なのexclamation&question

誰から誰への”ぬくもり”exclamation&question


やっぱりメイドからジャールーexclamation&question

邦題がイマイチしっくりこんのだけど、
まあいつものことだでね。

なんか、とにかく、不思議映画だった。

淡々とした日常を映しただけのような・・・

かと言って、飽きることもなく・・・

けっこう面白かったかわいい

そーだなぁ、82点exclamation×2

それにしても、

シンガポールマレーシア英語独特で、
咄嗟には何語なのかわからんふらふら

あの人たち、英語”ラ”とか”マ”とかつけとるよねぇ・・・

「OK ラ」みたいな感じで。


中国語英語も混ざっとるし。

もうかなり前になるけど、
友だちがシンガポール家族で住んどって、
そのお宅家メイドさんは中華系だったよ。


posted by RACO at 23:40| 愛知 ☀| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン