2015年02月19日

『おみおくりの作法』見た!!

<おみおくりの作法>
画像
しばらくミッドランド、109と続いたので、(と言っても3本だけど、)今日名演小劇場へ。

やっぱりレディースデーだでか混んどるねぇ。

行く方が落ち着くな・・・あせあせ(飛び散る汗)

次回からできるだけに行こうダッシュ(走り出すさま)


次項有おみおくりの作法

さて、内容は、

ロンドン市ケニントン地区の民生係、ジョン・メイ。ひとりきりで亡くなった人を弔うのが彼の仕事。事務的に処理することもできるこの仕事を、ジョン・メイは誠意をもってこなしている。しかし、人員整理で解雇の憂き目にあい、ジョン・メイの向かいの家に住んでいたビリー・ストークが最後の案件となる。

この仕事をしているにもかかわらず、目の前に住みながら言葉も交わしたことのないビリー。ジョン・メイはビリーの人生を紐解くために、これまで以上に熱意をもって仕事に取り組む。そして、故人を知る人々を訪ね、イギリス中を旅し、出会うはずのなかった人々と関わっていくことで、ジョン・メイ自身も新たな人生を歩み始める……。


仕事の枠を越え、死者に対しても敬意を持って真摯に向き合う、それがジョン・メイの作法。誰もが迎える死の時間を、ジョン・メイはあたたかく心を込めて見守る。たったひとりで死んでしまったとしても、誰もが誰かと関わった経緯がある。そして、人との出会いこそが新たな人生を歩みだすきっかけになる……。(公式HP引用)―ってなんだけど・・・

原題”Still Life”

邦題:おみおくりの作法、って、やっぱりちょっとおかしくないexclamation&question

なんかおかしいどんっ(衝撃)

それに・・・

あのオチはないわもうやだ〜(悲しい顔)

途中、ひょっとしてオチのようになるのかexclamation&questionをよぎったけど、まさか本当にあーなるとは・・・

しかも、あのタイミングで。

ラストシーンはちょっと泣けたもうやだ〜(悲しい顔)

つい最近参列したばかりのを思い出して・・・

そのは別の機会にするとして、この映画主人公ジョン・メイだけど、彼の仕事ぶりは確かに効率が悪い・・・かも知れん。

上司の言っとることも一理ある。

でも、だからって22年間真面目に勤めとった人を解雇するかっがく〜(落胆した顔)

するかぁ・・・

最近日本でも終身雇用じゃないんだもんね。


いやぁ、それにしても、Yahoo!映画評価高過ぎexclamation&question

4.36なんだけどexclamation×2

う〜〜ん、私は・・・それなりに良かったけど・・・80点くらいかな。




posted by RACO at 21:46| 愛知 ☀| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン