2015年02月17日

『ジョーカー・ゲーム』見た!!

<ジョーカー・ゲーム>
画像
ずっと見たかった『ジョーカー・ゲーム』をやっと見た
exclamation×2

次項有ジョーカー・ゲーム

内容は、

舞台は第二次世界大戦前夜。

上官の命に背き、極刑を言い渡された青年(亀梨和也)は刑の執行直前、謎の男・結城(伊勢谷友介)から救いの手を差し伸べられる。

交換条件は、男が設立した秘密組織”D機関”の一員としてスパイになること。

過酷で奇妙な訓練を経て、青年に与えられたのは”嘉藤(かとう)”という偽名と、世界を揺るがす機密文書”ブラックノート”を奪取するという極秘のミッションだった。

世界各国が狙う”ブラックノート”は現在、国際都市”魔の都”に駐在する米国大使・グラハムの手に。

日本を飛び出し、”魔の都”に潜入した嘉藤たちD機関のメンバーは、明晰な頭脳と身体能力を駆使し、グラハムに接近して行くが・・・・・・。

グラハムのミステリアスな愛人・リン(深田恭子)、”ブラックノート”を狙う各国のスパイたち、さらに”D機関”内部に潜む見えざる敵が彼らの前に立ちはだかる。

誰が敵で、誰が味方か?
そして”ブラックノート”に隠された秘密とは?
タイムリミットはグラハムが帰国するまでの2週間。
生と死が紙一重で隣り合う、”極限のスパイゲーム”の火ぶたが今、切って落とされる

(公式HP引用)―って

いやいやいや、思ったより面白かったぁわーい(嬉しい顔)

テンポが良いし、余分シーンが全くない感じであっという間に終わっちゃったよがく〜(落胆した顔)

突っ込みどころがないワケじゃないけど、ハリウッドスパイ物ツジツマが合わんこと多々あるし。

はっ、どーいう意味なのexclamation&questionってことよくあるし。

なわけで、85点ダッシュ(走り出すさま)

えっ、”ジャニーズ好き”だからって甘いexclamation×2、って・・・

そーかな・・・そんなことないと思うよ。

いやっ、やっぱりちょっと甘いかもね。

でも、面白かったよ〜exclamation&question

亀梨君情にもろいスパイキャラに和むし、ハニートラップに引っかかるとこも笑えるし、殺し合わないとこも良かったし。

そう言いつつ、最終的にはいっぱいんだんだけどモバQ


深キョンは相変わらず可愛かった揺れるハート

やっぱ85点はイくでしょ。

拷問シーンはちっとも痛そうじゃなかったけどね・・・


次回作があるといいな〜

posted by RACO at 22:46| 愛知 ☁| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン