2015年02月19日

『トレヴィの泉で二度目の恋を』見た!!

<トレヴィの泉で二度目の恋を>
画像
『おみおくりの作法』のあと、続けて。

イカン、なんか今日は体調が芳しくなかった・・・

からが痛いせいか、も痛いふらふら

まあいいや、とりあえず。


次項有『トレヴィの泉で二度目の恋を』

内容は、

長年連れ添った妻を亡くし、生きる気力を失ったフレッドは娘にすすめられアパートに引っ越すことに。

隣の部屋には陽気でおしゃべり好きなエルサが住んでいた。

二人の出会いは最悪だったが、ある事件をきっかけに“やっかいな隣人”から“気になる存在”へと変わっていく。

「若い頃にピカソのモデルになったことがあるの」「いつか『甘い生活』のマストロヤンニとアニタのようにトレヴィの泉で愛を語り合うのが夢よ」…次から次へと嘘か真か分からないような話をするエルサに振り回されながらも心惹かれ、やがて人生を楽しむことを学んでいくフレッド。

そんな折、エルサが病に侵されていることを知り…。(公式HP引用)―って

えーーーっ、またこんな展開かいexclamation&question

なんか最近こういうの多いな・・・

ちょっと悲しいオチだったけど、まあ、いい話だったね、って感じだけど。

まあでも、高齢者同士だったら、どっちかがこうなるよねたらーっ(汗)

エルサ可愛いおばあさんだったし、フレッドも憎めんかったけど、私が74歳になった時、80歳じいさん恋に落ちるって言ったら、想像できんで・・・

今でさえもうそんな気は消えうせたのに。

まあいいや、そんなことは・・・

うん、まあまあ面白かったし、わりと和んだので80点exclamation×2

フレッドに、最後まで違和感たらーっ(汗)


あーそうそう、また高齢者カップル無銭飲食シーンがあったけど、いっくら映画でもアレはやっぱりダメだわ。

ピカソモデルのくだりは、オチ予想どおりだったよ。

posted by RACO at 23:04| 愛知 ☀| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン