2015年03月04日

『風に立つライオン』(試写会)見た!!

<風に立つライオン>
画像
久しぶりに試写会が当たって公会堂へ映画

昨年7月ゴジラぶり、って・・・。・・・たらーっ(汗)

ちなみに、今のとこ中日新聞中京テレビ主催のが2枚当たっとるんだけど、13日109シネマズも当たらんかな〜と期待しとる。

でも、109のも中京テレビ主催だから無理かな。

次項有風に立つライオン

内容は、

美しく壮大なケニアを舞台に、一人の日本人医師がつないだ「希望」のバトン――

1987年、日本人医師・航一郎(大沢たかお)は、大学病院からケニアの研究施設に派遣される。アフリカ医療に生涯を捧げたシュバイツァーの自伝に感銘を受け医師を志した航一郎にとって、それは願ってもないチャンスだった。しかし、それは恋人との長い別れも意味していた。父の跡を継ぎ、女医として離島医療に従事する貴子(真木よう子)を遠く日本に残さなければならなかったのだ。

理想を胸に研究と臨床の充実した日々を送っていた航一郎は半年後、現地の赤十字病院から1か月の派遣要請を受ける。

物見遊山のつもりで赴いた彼は、重傷を負って次々と運ばれてくる少年が、みな麻薬を注射され戦場に立たされた少年兵である事実に愕然としながらも、この病院への転籍を志願する。

そんなある日、病院に少年兵・ンドゥングが担ぎ込まれる。彼は銃創よりも、両親を目の前で惨殺され、麻薬でかき消された心の傷が甚大だった――航一郎は、そんな彼の心の闇に真正面から向かっていくのだが・・・(公式HP引用)―ってなんだけど、

実際とはオチが違うようだわ。

予告編でなんか嫌な予感がしたけど、
同行した友だちが、「この間テレビでモデルになった人を見たよ」と言ったので安心して見とったんだけど・・・

ちょっと中途半端な感じで終わる。

そこまですごく良かっただけに、少し残念ふらふら


小説は読んでないからわからんけど、小説と同じなのかな。

この日は試写会の前に『アメリカン・スナイパー』を見とったけど、なんだか似たようなだった。

いやいや、やっとることは全く違うんだけど、なんとなく・・・

確かに、最後は死なせちゃった方が物語的には盛り上がるとは思うんだけど、ならもっと思い切りヤらな。

どっちなのexclamation&questionって感じで、なんか中途半端ダッシュ(走り出すさま)

まっ、そこが”狙い”なのかも知れんけどね。


アフリカ大地少年兵との交流や、離島シーンやなんかはかなり良かったと思うので88点exclamation×2・・・なんだけど。

いったいどこまでが実話で、どこからが作り話なんだろう・・・と、とても気になる。

ンドゥングは本当に医師になったのかなexclamation&question

モデルになった医師は本当にゲリラに襲われたのかなexclamation&question

そんな感じだった。


posted by RACO at 12:16| 愛知 ☀| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン