2015年03月17日

『ブルックリンの恋人たち』見た!!

<ブルックリンの恋人たち>
画像
昨日はイオン熱田から帰ってきてから、センチュリーシネマ『ブルックリンの恋人たち』を見に行った。

アン・ハサウェイにつられて。

次項有ブルックリンの恋人たち

内容は、

人類博士号の取得を目指しながらモロッコに暮らすフラニー(アン・ハサウェイ)に、ミュージシャン志望の弟ヘンリー(ベン・ローゼンフィールド)が交通事故に遭って意識が戻らないという知らせが届く。

慌てて家族のいるニューヨークへ飛んだフラニーは、弟の部屋で彼の日記を見つける。

それを手に、ヘンリーのアルバイト先だったギター店や恋人と行ったダイナーなどを巡り、ケンカ別れしたままだった彼の尊さをかみしめる。

ある日、ヘンリーが敬愛していたミュージシャンのジェイムズ(ジョニー・フリン)と出会うが……。(Yahoo!映画引用)―って

最近こう、なんていうのexclamation&question音楽系映画多いな。

たまには良いけど・・・

『はじまりの歌』⇒『君が生きた証』⇒これ、と続いて、ちょっと飽きてきたどんっ(衝撃)

悪くはないんだけど・・・1時間半という短さなのに、すごく長く感じちゃったワ。

もイイんだけどさー、歌と目覚めない弟、目覚めない弟と歌の繰り返しで、なんか物語感が薄いというか・・・うまく説明できんのだけど。

75点exclamation×2

アン・ハサウェイはすごいキレイだったけど、映画に関しては特に感想がない。

ジェイムズがまったくイケメンに思えんし。

まあ、ハッピーエンドで良かったな、ってことぐらいexclamation&question

あと、お母さんが、黒柳徹子に見えたことくらいかな。


posted by RACO at 12:00| 愛知 ☁| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン