2015年05月19日

『シグナル』見た!!

イタリアは呼んでいるに続いて、伏見ミリオン座シグナルを見たexclamation×2

『第9地区』『クロニクル』を凌ぐ、SFスリラーの傑作という宣伝文句だったので、まあ”超能力”とか”宇宙人”メインなのかな、とそんなに期待しずに見た。

『クロニクル』って、確か失敗したやつだったよね・・・

失敗したというか、映像ホームビデオみたいでイラついたんだわむかっ(怒り)

またそんな映像だったらどうしよう、と思っとったけど、そうじゃなくてまずは一安心

内容は、

MITに通うニック(ブレントン・スウェイツ)とジョナ(ボー・ナップ)は、 大学のPCにハッキングしてきた“ノーマッド”という謎のハッカーの正体を追うため、 ニックのガールフレンドのヘイリー(オリヴィア・クック)を連れ、ネバダを訪れる。GPSでノーマッドの居場所を突き止めたが、そこは廃墟だった。

中を捜索するニックとジョナだったが、ヘイリーの叫び声が聞こえ、外に飛び出す。 しかしそこにヘイリーの姿はなく、彼らもまた、何者かによって拉致されてしまうのだった。

気が付くとニックたちは政府の隔離施設に監禁されており、施設の研究員(ローレンス・フィッシュバーン)より、 「何か」に接触したことで感染が疑われ、隔離されることが告げられる。ニックは昏睡状態のヘイリーとジョナと3人でどうにか施設から逃げ出そうとするのだが、追ってくる研究員たちによって窮地に立たされた。

すると、彼らの体に異変が起こり思いもよらない力が発動する。(公式HP引用)―って

うーーーん、まあねー、すっごく面白いわけではないけど、許容範囲

わりとずっと、「えっ、どーなったのexclamation&questionどーいうことexclamation&questionどーなるのexclamation&questionと思いながら見とった。

まあ意味がわからんとこもあるけどね。

なんで、ヘイリーだけは肉体改造されとらんくて、最後に連れ去られてったのか・・・とか。

なんのために、あんなにされとったのか・・・とか。

でも、この映画は、主役男の子がわりと可愛い顔しとったもんで、少々のことは目をつぶるわ。

オチだけど、あの研究施設の人々の正体はわりと早い段階から見破れた。

とりあえず、72点exclamation×2

さて、伏見ミリオン座『ザ・トライブ』センチュリシネマ『ゼロの未来』感想を、いつものように同僚旦那さまに聞いてみたんだけど・・・
いまいちらしい耳

どーしようかな〜

posted by RACO at 23:42| 愛知 ☀| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン