2015年05月29日

『国際市場で逢いましょう』見た!!

<国際市場で逢いましょう>
画像
昨日は伏見『真夜中のゆりかご』を見たあと、パルコ移動して『国際市場で逢いましょう』も見たexclamation×2

これも、が小さい劇場2だったもんで、仕事のあとでは見られんかったんだわどんっ(衝撃)

レディースデーでもないし、きっとガラガラだろうな〜と思っとったら、東方神起の目が細い方が出とるせいなのか何なのか、けっこう混んどった。

と言っても、まあ50人弱だとは思うけど、いつもと比べたらかなり多い。

しかも、おばちゃんばっかで、私でも若い方。

意味わからんのですけどがく〜(落胆した顔)


次項有国際市場で逢いましょう

内容は、

”家族を守れ”父の最後の約束が、僕の唯一の灯火だった

幼い頃、朝鮮戦争時の興南撤収作戦による混乱の中、父、そして妹と離れ離れになり、母と残された2人の弟妹と共に避難民として釜山で育ったドクス(ファン・ジョンミン)。

成長したドクスは父親の代わりに家計を支えるため、西ドイツの炭鉱への出稼ぎや、ベトナム戦争で民間技術者として働くなど幾度となく生死の瀬戸際に立たされる。

しかし、彼は家族のためにいつも笑顔で必死に激動の時代を生き抜いた。最後に交わした父との約束のためにー(公式HP引用)−って

主人公は、つい最近見た傷らだけのふたりに出とったファン・ジョンミン

次項有傷らだけのふたり


もはや、貴乃花にしか見えんふらふら


見れば見るほどよー似とる。

父親役の人は、稲川淳二にしか見えん。


もしくは、渡辺いっけい

まっ、そんなことはイイとして、かなり面白かったexclamation×2

邦画で言えば、『三丁目の夕日』風かな。

貴乃花親友役の人、よく出て来るけど、この人いつも面白いわーい(嬉しい顔)

韓国映画って、どんなシリアスでも必ずこーいうの人がいて、笑わせてくれる。

そこらへんはお見事だと思うな。

うーーーん、朝鮮戦争がいまいちよくわからんのだけど、この家族家族なんだよね・・・

なのに、中国軍攻撃を受けたんだexclamation&question

中国軍北側だったんじゃなかったっけ・・・

まあいいか。

それにしても、この主人公人生悲惨なのか、韓国歴史悲惨なのかわからんが・・・なんか気の毒になってきた。

ここまで悲惨だと、持っていきようのない怒りをどこかにぶつけたくなる気持ち理解できるようなできんような・・・我が国はそのぶつけ所にされとるんだろーなたらーっ(汗)

我が国より大陸にの方が、長期にわたっていろいろされとると思うんだけど、そのあたりは何でなんだろうね・・・

ん、がズレた。

とにかく、面白くて、途中ジーンとくるとこもあったし、86点くらいかな。

ちなみに、東方神起物語中盤数分しか出てこんかったよ。

もう一本センチュリーでヤっとる私の少女(韓国映画)ってのも見たいんだけど、小さい劇場でしかヤっとらん。

夜もヤってないし。

もーーーっ、何でなのexclamation&questionどんっ(衝撃)


posted by RACO at 12:46| 愛知 ☁| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン