2015年06月19日

『エレファント・ソング』見た!!

<エレファント・ソング>
画像
なんとなく気になったので、名演小劇場『エレファント・ソング』を見たexclamation×2

この人、少し前までセンチュリーシネマ上映しとった『Mommy』監督なのか。

イマイチっぽそうだったもんで見んかったんだわ。

見れば良かったかな・・・

次項有
エレファント・ソング

次項有Mommy/マミー』

さて、『エレファント・ソング』内容は、

マイケル(グザヴィエ・ドラン)は美しい青年だった。

14歳のときオペラ歌手である母が目の前で自殺し、その後、現在に至るまで精神病院に入院している。彼は病院で一番の問題児とされており、ゾウにまつわるあらゆることに異常なまでの執着を示していた。

ある日、彼の担当医であるローレンスが失踪した。手がかりを知るのはマイケルだけ。マイケルのことをよく知る看護師長のピーターソンは「マイケルは茶化すだけで真実を話さない」と助言するが、院長のグリーンは彼に事情を聞くことを試みる。すると、話をする代わりに、と彼は条件を提示した。

1、僕のカルテを読まないこと。
2、ご褒美にチョコレートをくれることを約束すること。
3、看護師長をこの件から外すこと。

グリーンは条件を飲むが、マイケルはゾウやオペラについての無駄話で、話をそらすばかり。 「母を殺した」「ローレンス医師から性的虐待を受けていた」など、嘘か本当かわからないようなことをほのめかす。いつしかグリーンはマイケルの巧妙な罠に取り込まれていった…。(公式HP引用)−って

なんかよくわからずに見たけど、嫌いじゃないな。

何かに”サスペンス”って書いてあったけど、サスペンスではないと思うけど。

これ、サスペンスなのexclamation&question

そこはまあいいか・・・

結末が、そうくるとは考えもしんかった。

だから、やっぱり面白かったんだと思う。

このグザヴィエ・ドランて人、演技も上手いと思うけど・・・

確かに、も整っとるぴかぴか(新しい)

でも、”ゲイ”公表してるんだってね・・・

とりあえず、80点exclamation×2

posted by RACO at 23:31| 愛知 ☀| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン