2015年07月21日

『奇跡の2000マイル』見た!!

<奇跡の2000マイル>
画像
17:30からのを見ようと伏見ミリオン座へ。

仕事終わってから17:30はギリギリだな・・・

次項有
奇跡の2000マイル

どーでもイイけど、劇場チケット買う時、『〜2万マイル』って言った気がするふらふら

内容は、

4頭のラクダと愛犬を引き連れ、壮大な人生の冒険へと向かう―
日常に居場所を見失った女性が、自分を変えるために挑んだ奇跡の旅

砂埃が舞うオーストラリア中央部の町アリス・スプリングス。

うまくいかない人生に変化を求め、家族や友だちから離れて、たったひとり都会からこの町にやってきた24歳の女性ロビン。

彼女がこの地を訪れた目的は、とてつもなく広大な西部の砂漠地帯を踏破し、インド洋を目指す冒険の旅に出ること。

町のパブで働きながら、牧場でラクダの調教を学び、旅の準備を整えたロビンは、荷物持ちとなる4頭のラクダと、いつも心の支えになってくれる愛犬を引き連れて、いよいよ町を出発。

圧倒的な大自然のなかを、自らの足でしっかりと大地を踏みしめて一歩ずつ前進していく。

やがてこの波乱に満ちた旅の道程で、ロビンは一生の宝物になるような出会いと経験を重ねていくのだった…。 (公式HP引用)−って

えっとー、自分を変えるためにに出るのは良いけど、なんでラクダ連れて”砂漠の旅”なんだろーねぇ。

まっ、まーいいけど。

実話らしいから、この人はそうしたかったんだろね。

なんせ砂漠なので、風景はどこまで行ってもそんなに変わらなかったけど、なぜか3分の2くらいまでは予想に反して退屈もせず、すごい面白かったどんっ(衝撃)

愛犬が死んじゃう場面は泣けたしもうやだ〜(悲しい顔)

でも、そのあとあたりからちょっと飽きてきて・・・

もーいいわ、と思った。

あと15分早く終わったら、飽きることなく良かったかも。

でもすごいな、実話って。

オーストラリア野生ラクダがいるとは知らんかったけど、あんな風にいつ野生ラクダがやってくるかわからんと思ったら、オチオチも眠れん。

すごい怖いふらふら

女性が一人で野宿したりとか、そーいうのは危険じゃないのかね。

ラクダにはあんまり良い印象がなく、最初の方はすっごくイヤだったけど、けっこう慣れてった。

小ラクダはちょっと可愛かったねわーい(嬉しい顔)

それから・・・

は滅多にシャワーも浴びれんよね??

なのに誰かに会ってハグしたりしとったけど、「臭くないのかな〜」とずっと気になっとった。

な感じだけど、そーだな〜、82点くらいexclamation&question


posted by RACO at 23:48| 愛知 ☔| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン