2015年08月01日

『涙するまで、生きる』見た!!

<涙するまで、生きる>
画像
土曜日
で、しかもセンチュリー2(小さい方の劇場)だったであきらめるか、とも思ったけど、なんか良さそうだったのでがんばってみた。

でも、ラッキー手(チョキ)

チケット番号2ケタ
だったけど、角席が空いとったわ。


次項有涙するまで、生きる

内容は、

1954年フランスからの独立運動が高まるアルジェリア。

元軍人の教師・ダリュのもとに、殺人の容疑をかけられたアラブ人のモハメドが連行されてくる。

裁判にかけるため、山を越えた町にモハメドを送り届けるよう憲兵に命じられ、ダリュはやむを得ずモハメドを連れて町へ向かう。

復讐のためモハメドの命を狙う者たちの襲撃、反乱軍の争いに巻き込まれ、共に危険を乗り越える内に、二人の間には友情が芽生え始めるが……。(公式HP引用)―って

えっと・・・良い話だったとは思うけど、泣けるほどではなく・・・

「自分が逃げれば弟たちが命を狙われる」と言っとったのに、話の結末を見て、弟たちのことが心配になった。

ダリュ「モハメドはフランス人に殺されたと言う」とは言っとったけど、モハメドを狙っとった人たちはちゃんと信じるかな??

本当大丈夫なのか??

それから最後に、ダリュ閉校してを出て行く、ってとこで終わるんだけど、なんで出てくんだったっけ??


そこんとこ見逃したがく〜(落胆した顔)

アルジェリアって、少し前に日本人が何人かテロ被害にあったとこだよね・・・

うーーーん

いったいいつになったら落ち着くのか、と思っちゃったあせあせ(飛び散る汗)

さて、映画は、81点くらいexclamation&question



posted by RACO at 13:43| 愛知 ☁| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン