2015年09月16日

『ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声』見た!!

<ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声>
画像
ベイシティ
『ボーイ・ソプラノ』も見たexclamation×2

次項有ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声

内容は、

「ボーイ・ソプラノ」、それは少年から大人になるまでのわずかな間だけしか出せない”奇跡の歌声”

少年が大人へと成長する、そのわずか数年の間だけ輝ける声、ボーイ・ソプラノ。

その一瞬に少年たちは青春を捧げ、寝食を共にする仲間たちと音楽に打ち込んでいく。(公式HP引用)

名門少年合唱団を有する私立学校に入学した問題児のステット(ギャレット・ウェアリング)は、厳格な合唱団団長カーヴェル(ダスティン・ホフマン)に天性の美声を見いだされる。

才能を認められず指導者の道を歩んだ過去を持つカーヴェルは、ステットを厳しく指導する。

楽譜も読めず同級生たちからいじめられるステットだったが、やがてカーヴェルの指導により歌う喜びに目覚めていく。 (Yahoo!映画引用)―って

なんか落ち着いた映像だったので、イギリス映画かと思ったらアメリカ映画だったどんっ(衝撃)

ストーリー”ありきたり”とかいう意見もあるようだけど、私はかなり良かったと思う。

そーだな〜、今年見た映画の中でジュラシック・ワールドカリフォルニア・ダウン』系じゃない、イイ話系ランキングベスト3に入る。

次項有ジュラシック・ワールド

次項有カリフォルニア・ダウン

主人公ステットがすっごく可愛くて・・・

私は”可愛い少年”が出とるに弱いかも知れんあせあせ(飛び散る汗)


歌声にも癒されたし〜るんるん

”ボーイ・ソプラノ”って、永遠には続かないから魅かれると言うか何と言うか。

母親を亡くして一人ぼっちだったステット”歌う喜び”と出会って、最終的新しい家族ができたで終わったのも良かったかわいい

ところで、デビット伊東みたいな先生おったよねexclamation&question

で、ライバルの子も”小さいデビット伊東”みたいだったよねexclamation&question

89点ダッシュ(走り出すさま)

特に、ひねりのあるストーリーや新しいモノを求めない人におススメ手(グー)

いやいやいや、本当に見て良かったわーい(嬉しい顔)

があったかくなったよいい気分(温泉)

posted by RACO at 23:45| 愛知 ☀| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン