2015年09月17日

『黒衣の刺客』見た!!

<黒衣の刺客>
画像

ピカデリー
『黒衣の刺客』を見たexclamation×2

中国映画
だし、妻夫木君が出とるらしいし。

次項有黒衣の刺客

内容は、

唐代の中国。
13年前に女道士に預けられた隠娘(インニャン/スー・チー)が戻ってくる。
両親は涙を流し迎え入れるが、美しく成長した彼女は暗殺者に育て上げられていた。
標的は暴君の田季安(ティエン・ジィアン/チェン・チェン)。
かつての許婚であった。
どうしても田季安に止めを刺すことができず、隠娘は暗殺者として生きてきた自分に情愛があることに戸惑う。
「なぜ殺めるのか」と、その運命を自らに問い直す。
ある日、窮地に追い込まれた隠娘は、日本人青年(妻夫木聡)に助けられる…。
数奇な運命に翻弄される孤独な女刺客を慎み深く描き”アクション”という枠を越えた壮大なドラマがスクリーンに映しだされる。(公式HP引用)―なんだけど・・・

あれっ、私が見たところ、 窮地に追い込まれた隠娘は、日本人青年(妻夫木聡)に助けられる…。だった気がするけど。

正確には、どこからともなく妻夫木君が現れて襲われとったインニャン父親おじさんを助けようとするんだけど、はたくさんおるし武器を持っとるしで窮地に追い込まれとるところへインニャンがやってきて妻夫木君を助けた、んじゃないかexclamation&question

まあどっちでもいいんだけど、とにかくはどこからともなく現れた・・・

同僚旦那さんが、「意味がわからなかったから、見て教えて」と言っていたらしく、「そんなワケないでしょ??と思っとったけど、確かに意味がわかりづらかったふらふら

一応説明はあるんだけど、聞き慣れん言葉だし、それに関して全く知識がないもんで理解しきれんのだわ。

登場人物名前とか関係把握できん。

予告編を見ただけで予習をしとらんかったもんで、妻夫木君なに人かもわからんかった。

てっきり中国人だと思っとったら
最後「新羅に送ってく」ってセリフがあって、「韓国人なのか・・・」と思ったけど、実は日本人だったみたいだ。

なんで日本人がそこにおったのかもわからんふらふら

同僚と、「遣唐使なんじゃないexclamation&question唐代だし」がまとまったけど、実際何だったんだろあせあせ(飛び散る汗)

うーーんと、日本台湾中国ロケをやっとるらしく、映像綺麗だったし、物語もまあOKだけど・・・

なんて言うか、とにかくテンポっていうかが悪くて、遠くの方で聞こえるドンドンていうドラ??)が眠気を誘う眠い(睡眠)

映像も暗かったので何度かを閉じたたらーっ(汗)

Yahoo!映画評価がかなり高かったので(今は下がっとるけど)、ちょっとダマされた感ありあせあせ(飛び散る汗)

どっちにしても見るつもりだったからイイけどね。

なわけで、映像だけを考慮したら85点exclamation×2

の悪さを入れたら77点て感じ。

ちなみに、こんなバッド(下向き矢印)もありました。

<黒衣の刺客>
黒衣の刺客
5年もかけて撮影したんだがく〜(落胆した顔)

ところで、映画とはカンケーないことだけど、”刺客”って、昔は漢字テスト”シカク”と読んだと思うんだワ、”シキャク”間違いで・・・

ところがこの映画ポスター”黒衣のシキャク”って書いてあるんだよね。

”シキャク”って読むようになったのかな〜

今は”シキャク”って教えてるのexclamation&question

ビックリがく〜(落胆した顔)


【追記】

チラシに、〜遣唐使船でやってきた日本人青年(妻夫木聡)〜とあったので、やっぱり妻夫木君の役は遣唐使だったみたいだexclamation×2


posted by RACO at 20:25| 愛知 ☀| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン