2015年10月14日

『ヴェルサイユの宮廷庭師』見た!!

<ヴェルサイユの宮廷庭師>
画像
伏見ミリオン座
『ヴェルサイユの宮廷庭師』を見た!!

これも『タイタニック』ケイト・ウィンスレットが出とったのでとにかく見ようと思っとったけど、一応同僚旦那さまに「綺麗でまあまあ良かったよ」と聞いてあったので安心して鑑賞

ヴェルサイユの宮廷庭師

内容は、

1682年フランス。

国王のルイ14世(アラン・リックマン)は、国の栄華を象徴するヴェルサイユ宮殿の増改築を計画する。

国王の庭園建築家アンドレ・ル・ノートル(マティアス・スーナールツ)は、庭園の建設をサビーヌ(ケイト・ウィンスレット)という無名の女性庭師との共同で任されることに。

自由な発想で仕事に臨む彼女と伝統と秩序を大切にしてきたアンドレは、事あるごとに衝突してしまう。

その後、徐々に彼女の唯一無二であるセンスを認め、彼女の魅力に惹(ひ)かれていく。 (Yahoo!映画引用)―って

ルイなんとか世時代だし、ヴェルサイユ宮殿てそんなに興味ないし、どーかな〜と思ったけど・・・

まあまあの81点💨

これって、事実に基づいとるのかな・・・。・・・

フランスなのに、なんと、みんなが英語を話しとった💦

そんな、少しにもあったよね・・・

あれは確か、舞台ロシアなのに英語だったんだっけ・・・

ほら、あの『マッド・マックス』俳優が出とった

他にもあった気がするけど、思いつかない。

まあいいや。

さて、この映画に戻るけど、仕事面接におった庭師仲間絶対足引っ張るとかケイトを落とし入れたりするかと思ったら、ただの良い人だった。

マスター絶対仕返ししてくるんじゃないかとずっとドキドキしとったけど、結局何もなかったねぇ。

そのだけど、なんかマスターと比べるととっとって・・・だとわかりづらいわっ💥

ケイト一時「年とったな〜」と思ったけど、けっこう盛り返して綺麗だった

まあこんなくらいかな〜

とりあえず、ハッピーエンドで良い話でした🎶



posted by RACO at 23:00| 愛知 ☁| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン