2015年10月23日

『白い沈黙』見た!!

<白い沈黙>
画像
ハズレだったらイヤだな〜と思いつつ、予告編が面白そうだったで見てみた。

名演小劇場にて。

白い沈黙

内容は、

カナダ・ナイアガラフォールズの街でつつましくも幸せな家庭を築き上げたマシューが、突然の悲劇に見舞われた。
それはある吹雪の日、スケート選手を夢見る9歳の愛娘キャスを迎えに行った帰り道のこと。
行きつけのダイナーに立ち寄ったほんの数分の間に、車の後部座席に残したキャスが忽然と姿を消してしまったのだ。
何者かによる誘拐を主張するマシューだったが、具体的な物的証拠や目撃情報は一切ない。
刑事たちから疑惑の目を向けられたマシューは、娘の失踪に取り乱した妻ティナからも猛烈な非難を浴びてしまう。

それから8年。
捜査は完全に行き詰っていた。
娘を守れなかった自責の念に駆られたマシューは、毎日あてどなく車を走らせてキャスを捜し廻っている。
そんなある日、刑事がネット上でキャスに似た少女の画像を発見し、その後も彼女の生存を仄めかす手がかりが次々と浮上する。
それはいったい誰が、何のために発したサインなのか。キャスは本当に今も生きているのか。
やがてマシューの行く手に待ち受けていたのは、空白の8年間をめぐる想像を絶する真実だった− (公式HP引用)―って

かなり地味映像だったけど、面白かった〜〜♪

けど、ずっともどかしくてちょっとイライラする感じだった。


最初犯人誘拐されたキャスらしき2人が映るから、まあキャスが生きとることはわかっとったんだけど・・・

「どーいうことなんだろー」とけっこうハラハラした。

なんか時間前後するもんで、あれっ、と思ったけど、それほどわかりづらくはなかったかも。私でも。

とにかく、地味だけど面白かった。

そうだな〜、83点!!

ただ、結局キャス8年間どんなメにあっとったのか、とか・・・

キャス誘拐した組織がいったいどんな組織で何をしとったのか、とかってことははっきり描かれてない。

子どもを虐待する映像ネットで見とるシーンがあったけど、その映像観客には見せてくれんかったからどんな映像なのかわからんかったし。

キャス監禁状態から解放されたけど、ちゃんとフツーの生活に戻れるのかな・・・と気になった。


posted by RACO at 23:49| 愛知 ☀| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン