2015年11月10日

『サヨナラの代わりに』見た!!

<サヨナラの代わりに>
画像
ミッドランドスクエアシネマ
ポイントで、『サヨナラの代わりに』を見た!!

全くのノーマークだったけど、うーーん、少し前に何かで一回だけストーリーを読んだかな・・・


で、「見なイカン」と思って見ることにしたと思うけど、結局見始めても内容を思い出せずにラストまで。

サヨナラの代わりに

内容は、

弁護士の夫エヴァン(ジョシュ・デュアメル)と理想的な日々を暮らしていたケイト(ヒラリー・スワンク)は、35歳で難病のALSと診断される。

1年半後には車椅子での生活を余儀なくされ、友人たちの前で気丈に振る舞うことに疲弊した彼女は、奔放な大学生のベック(エミー・ロッサム)を介護人として雇う。

全てが正反対で反目してばかりの二人だったが、ケイトの夫の浮気を機に、遠慮のない関係になっていき……。 (Yahoo!映画引用)―って

えっと・・・、邦画タイトル『サヨナラの代わりに』だったので、サヨナラの代わりにどーした!?こーした!?というなのかと思っとったけど、ちょっと違った・・・(ん?違ったよね?)

でも、原題:『YOU'RE NOT YOU』も、私には意味不明(*_*)

”あなたはあなたではない”?? はっ??、って感じ。

まーいいか。

ALSって、少し前に三浦春馬ドラマでもやっとったけど、怖い病気だな。

突然原因不明で襲ってくる難病・・・悪化する一方らしいわ・・・

突然自分家族がそんな病気になったら・・・。・・・

最初が入らないくらいだけど、そのうち着替えをすることもトイレに行くこともできなくなって、最期には呼吸もできなくなる。

ドラマでは生きる道を選んで呼吸器をつけたけど、この映画は違うを選んだ。

旦那さんも可哀そうだった・・・

なわけで、86点!!

一日も早く、この病気に効く新薬開発されると良いと思う。

ところで、ALSのことは置いておいて、この映画はさー、

ケイト介護をすることによって、ケイトとダメダメだった大学生ベック友情が生まれて、ケイト生き方病気に対する姿を見てベック成長していく姿を描いた、

ってこと???

今日は、と言うより鼻水が出た(^^ゞ

カンケーないけど、山口百恵『さよならの向こう側』は、♪さよならの代わりに、ありがとう・・・♪ってだよね!?

えっ、これもそーいうこと??

そーいうことか・・・

posted by RACO at 23:22| 愛知 ☀| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




ブックオフオンライン